So-net無料ブログ作成
検索選択

災難は忘れた頃か秋の雨 [趣味]

今日は9月1日。震災忌=1927年の関東大震災の発生日にちなんで、「防災の日」に制定されたのは1960年。子どもの頃は、新学期の登校日の校長訓辞などで、「二百十日」という節季も教わり、台風の災厄への備えを説かれたものでした。
「天災は忘れた頃にやってくる」という警句もその頃教わったと思います。
これは、物理学者の寺田寅彦の言葉と伝えられていますが、著書・著作等にその証拠は確認できないとも言われているそうですね。自身、関東大震災に遭遇し調査も行うなど、地震、火災など災害の根本原理を科学的・合理的態度で解明しようとしたこの人なら、と頷ける伝承ではありますが。
寺田寅彦は、熊本第五高等学校で夏目漱石に英語を習い、後に東京帝国大学の学生時代以来、漱石の自宅に集う「木曜会」のメンバーとして、門下生の一人に数えられています。漱石の「吾輩は猫である」で、苦沙弥先生の弟子としてしばしば登場する、気鋭の理学士水島寒月が、寺田寅彦をモデルとしていることも、よく知られています。
私は中学時代、この作品を洒脱なユーモア小説として読みました。漱石のもつ文明観や人間観の重さや苦さについては、とうてい思い至りもしませんでしたし、細かなデティルもすっかり薄らいだのですが、この寒月君の颯爽とした好男子でありながら、きまじめに「首縊りの力学」などに没頭している様や、甘い物好きで虫歯に苦しんでいる様などに、何かミスマッチなおかしさを覚え、印象に残っています。
私の2007年問題=脳動脈瘤の手術の後の入院中、読書等に向かう意欲も体力も伴わなかった頃、唯一枕元に置いていたニンテンドーDS(当時学生だった末の息子が、買ってくれました)で、DS文学全集なるソフトをひもとくのが、ささやかな娯楽でした。気力と体力に合わせて、時には数行、時には数ページずつ、ちびりちびりと読んだなかに「吾輩は猫である」があり、改めて漱石の言葉の端々に、含蓄と面白みを感じつつ、無聊を慰められました。
さて、その寺田寅彦が,高知市の出身であったことを、ずっと以前から知っていたようにも思いますが、先日の高知行きで改めて思い出したのでした。8月25日の朝の散歩で,高知城に向かって歩いている途中、城の大手門のすぐ近くに、山内一豊の騎馬像がありましたが、そこを直進すると、高知県立図書館があり、隣に高知県立文学館があります。
smallImgp1189.jpg

私がそこを通りがかったのは早朝で、まだ開館時刻前でしたが、「Happiness is SNOOPY スヌーピーの小さな幸せ探し展」なる特別展示を開催中のようでした。そして常設展として「寺田寅彦記念室」も存在するようでした。
smallImgp1212.jpg

以下、「県立文学館」のホームページの記載から、少しコピーさせていただきます。

 南の雄大な太平洋と北の険しい四国山地にかこまれた南国土佐。この独特の風土の
中からは多くの文学者が育ち、わが国の文学界に大きな足跡を残しました。高知の作家
から生み出された多くの作品は、土佐の歴史と風土を内包し、高知の文学ともいえる特色
を備えています。
 常設展では、多士済々な高知の文学者を時代やテーマによって紹介しています。
「古典文学」、「自由民権運動と文学」、「反骨の大衆文学」、「現代の文学」、「近現代の
詩歌」、「高知ゆかりの作家たち」、「寺田寅彦記念室」に加え、
開館10周年(2007年)を機に、「現在の作家」、「宮尾文学の世界」、また折々にテーマの
変わる「常設展企画コーナー」を新たに加えました。


折角近くまで行ったのに、中を見学しておけば良かったと、帰宅後に後悔しました。
後悔その2:高知城から徒歩で、わずか歩いたところに、「寺田寅彦記念館」もあることを、帰宅後知りました。
Image5.png
後悔その3:私の高知行きを知って、友人が教えてくれたオススメスポット。「県庁おもてなし課」ロケセット。残念ながら、訪ねるチャンスがありませんでした。
実は、昨夜、この友人も含めて、懐かしい顔ぶれによる「飲み会」がありまして、このロケセットの「こだわりや遊び心」について直接うかがい、見損ねたことを益々悔やんだことでした。


さて、今日の本論。
忘れた頃にやってきた私の災難は、例によってパソコントラブル。約一月前に導入したニューマシンにインストールしたWINDOWS7は、快調に働いていた,,,はずだったのに、今朝スイッチを入れてみますと、、「このウィンドウズのコピーは正規品品ではありません」とかなんとか言いがかりをつけられ、あれこれメッセージが出てプロダクトキーの入力を求められます。付属ディスクに添付されているキーを入力しますと、「正規のプロダクトキーではありません」とけんもほろろ、認証してくれません。
windows2000まではなかったライセンス認証という概念、どうにもやっかいです。パッケージ版,OEM 版、DSP 版といろいろあって、よく理解もせずに、「安物買い」に走りました。プロダクトキーさえあれば、必ず認証されるだろうと思い込んだのは、浅はかだったでしょうか?
そういえば、インストール時にプロダクトキー入力を求められた記憶がありません。にもかかわらず、無問題で動いているから、これでOKと楽観したのが罠でした。
「ンストール後 30 日以内に Windows をライセンス認証する必要があります。」と、確かにマイクロソフト社
さんはおっしゃっていますね。
プロダクトキーを入力しても認証されない理由、そして解決方法を、とりあえず、購入元に問い合わせていますが、解決されるまでの間、「不正規コピー」の表示とつきあい続けるのも不愉快なので、ひとまず三十日の「猶予期間」を「延長」する方法を試してみたところです。

コマンドプロンプトで slmgr /rearm と入力。
ただし、「コマンドプロンプト」を「管理者として実行」で行なう必要がありました。

久しぶりの雨が、音を立てて降っていますので、これを口実に今日は散歩は中止。パソコントラブルと相対して.愉快でない時間を費やしています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL:

↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0