So-net無料ブログ作成
検索選択

故旧相和す刻愉快節分草(こきゅうあいわすときゆかい せつぶんそう) [友人]

大学時代の先輩・後輩の間柄で、大阪、西宮、岡山県北、岡山県南など、あちこちに生活の基盤を持つ同郷のメンバー七人が、落ち合って、故郷の自然探訪を楽しみました。

はじめに美作市河会(かわい)地区のセツブンソウ群生地。盛期は、実際の節分の頃だったそうですが、まだけなげに咲いていました。

P307749320140307_24_R.JPG
 
 
 
 X_5_4274_R.JPG
 
X_5_4242_R.JPG
 
 五弁が基本だそうですが、六弁、八重などの変異もみられます。
X_5_4239_R.JPG
 
小さな固まりの群生が、そこここにみられます。
盛期には、あたり一面を真っ白な花が覆うのだそうです。
 X_5_4246_R.JPG
 
X_5_4244_R.JPG
 

ほかにも、いろいろな種類の山野草をみることができました。

雪割草。

P307753120140307_62_R.JPG
 
 X_5_4261_R.JPG
アズマイチゲ。10℃を越えないと花弁は開かないのだそうです。
P307755120140307_82_R.JPG
 
P307748320140307_14_R.JPG
 
X_5_4262_R.JPG

 

ユキワリイチゲ

X_5_4266_R.JPG


福寿草
X_5_4255_R.JPG
 
これは?名前を聞いたのですが、思い出せません。
オウレンでしたっけ?
P307752020140307_51_R.JPG
 

P307753620140307_67_R.JPG
 
 

湯郷温泉近くでの、心配りの行き届いたコース料理の昼食を挟んで、少し離れた田殿(たどの)地区を訪ねました。

田殿神社(清滝神社)近くのセツブンソウ群生地は、こちらの方が北に位置するせいか、今が盛りといった感じでした。雪花が舞う天候で、節分の頃にもひけをとらない寒さゆえ、むべなるかなとも思えましたが。

 

P307756620140307_97_R.JPG
 
P307748820140307_19_R.JPG

 

 

 

キバナノアマナを発見。

X_5_4277_R.JPG

 

 こんな苔にも春の気配は感じられます。

P307757820140307_109_R.JPG

 

近くにある高さ5メートルほどの清滝(きよたき)も、水量が豊富で早春の清冽な気配を漂わせていました。

X_5_4287_Rのコピー.jpg
X_5_4281_Rのコピー.jpg

私たちの一行の一人Mさんが、自生地そばの「アトリエ清滝」さんと顔見知りである関係から、不躾にぞろぞろとお邪魔した上に、お茶とお菓子までいただいて、くつろいだ歓談の時を楽しむことができました。
開放的な大窓から見える丹精込めた庭と、その先にそびえる山、その麓に位置する田殿神社(清滝神社)。これらの織りなす心安らぐ景観は、四季折々の美しい自然の推移が想像されて、副交感神経の働きを大いに刺激するくつろぎの時間を愉しませてくれました。

ひとまずは、それぞれの職をリタイアし、次のステージでの「未知」の体験に踏み出しているお互いの、微苦笑交じりの近況報告は、身に染みて共感できて、実に愉快なひとときでした。

学生時代には、こんな再会を得る時があろうなどとは考えもしなかったねと、感慨を誘ってくれたセツブンソウでした。

 



↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0