So-net無料ブログ作成

ヨーチョー三昧、の巻 [折々散歩]

さっき、孫たちが長旅から帰ってきました。
早速、姫二人が、ただいまのあいさつにやってきました。
発熱以来、機嫌の悪かった二歳児は、体調が良いのかにこにこ、お利口さんになって帰ってきました。
最近、鳥の写真が撮れません。
ご近所散歩でよく出会うのは、アオサギ。

こちらは少し姿が違いますね。
アオサギの幼鳥とお見受けします。



先日、深山公園で写した鳥といえば、、、。
珍しい鳥!と思ったら、これは雀(スズメ)の幼鳥?



これは山雀(ヤマガラ)。

自然環境体験公園では、、、。
河原雀(カワラスズメ=セキレイ)ですね。ハクセキレイ?

これなあに?と思いましたよ。
すぐ目の前の小川で、水浴びしてます。



黄色いおしりが見えてるよ。

枝の上に飛び上がりました。












ははあ。カワラヒワの幼鳥と見ました。
水鳥の姿も減り、目に入るのは、オオバンくらいでしょうか ?
カイツブリの幼鳥。大きくなりました。

自然保護センターの池。
まさに夏景色です。

手前はネムノキです。

アンリ・ルソーに、こんな雰囲気の絵がありません?



タンチョウノヒナ誕生のニュースを知っていました。
残念ながら、親の姿しか見えませんでした。




これは、3年前の記事です。

タンチョウの雛健やかや梅雨晴間


 タンチョウの夏」という語呂合わせが浮かびます。はたまた「タンチョールのせいだよ、オラしっちょーる」とか(オソマツ)。

 

P6258649_R.JPG

 


 

P6258656_R.JPG
 
 
_K527010_R.JPG
 
 
 
_K526940_R.JPG
 
P6258637_R.JPG
 

_K527029_R.JPG
 

_K526997_R.JPG
 
_K526993_R.JPG



今日はこれにて。

nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 40

コメント 4

majyo

自然保護センターは道も舗装されていない。本当に良いところです
3年前の丹頂のヒナは成鳥に近くなりましたね
鶴なんて自然の中で見ることは無いです。
うらやましいです

by majyo (2017-07-29 07:19) 

kazg

岡山では、自然保護センターのほか、岡山市後楽園と、総社市きびじつるの里で、丹頂鶴が飼育され繁殖しています。昭和30年、中国科学院院長だった郭沫若(カクマツジャク)氏が、二羽の丹頂鶴を岡山・後楽園に寄付下のが始まりだそうです。
戦前、岡山の旧制第六高等学校で学んだことのある郭沫若(カクマツジャク)氏が、かつて後楽園に飼育されていた丹頂鶴が途絶えていたのを惜しみ、日中友好の架け橋として寄贈したのだそうです。
by kazg (2017-07-29 21:11) 

momotaro

> 最近、鳥の写真が撮れません。
で、ヨーチョー三昧なんですから、またまた畏れ入りやの・・・
by momotaro (2017-08-01 10:56) 

kazg

momotaro様
いえいえ、ヨーチョーが写せたことは嬉しいのです。が、鳥撮りの方たちにとっては、「夏枯れ」の季節というのがあるのだそうです。スズメ、ツバメ、ハト等と行った、ポピュラーな鳥以外には、出会う機会が少なくて、、、。
by kazg (2017-08-01 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0