So-net無料ブログ作成

ニッポニア・ニッポンとグルス・ジャポネンシスと、もう一つの重要文化財 [折々散歩]

昨日の記事で、トキソウ(朱鷺草)らしき野草を総社市ヒイゴ池湿地で見たことを書きました。

花の色と形が、国の特別記念物「トキ(朱鷺)」が羽根を広げた姿に似ている事から名づけられたラン科の植物で、日当たりの良い湿地に生育するそうです。ところで、トキ(朱鷺)の学名は、Nipponia nippon(ニッポニア ニッポン)。名前の通り、日本を象徴する鳥ですが、遺伝的には同一種とされる中国に生存する個体も含めて、絶滅の危機に瀕しています。
ところで、学名「Grus japonensis」と呼ばれる鳥は、丹頂鶴です。これもまた、絶滅が危惧されて久しい鳥です。
 古くから親しまれた鳥のようで、古典落語の演目に『つる』というショートストーリーがあります。

続きを読む


絶滅危惧種のトキソウとハッチョウトンボを見た、の巻 [Nature]

昨日はちょっとした忙しさでした。
ケータイ電話を拾得したとの連絡を、倉敷市児島文化センターからいただいいたのが一昨日の夕方でした。開館時間内には受け取り行けそうになかったなかったので、昨日の朝、出勤前に立ち寄ることにしました。

こんな時、パートの勤務は、空き時間があって自由が利きます。とはいえ、自宅から約20㎞をほぼ逆方向に走り、そこから職場までおよそ30kmを走りますから、出勤まで一苦労です。

仕事も、たまたま拘束時間は短かい日でしたが、それなりに目一杯奮闘し、週末の「充実感」を味わいました。

まだ明るいうちに仕事がひけたので、さらにおよそ20km走って総社市ヒイゴ池湿地を訪ねてみました。

ちょうど前日の地元新聞に、「ハッチョウトンボ」の記事と写真が出ていましたので、週末お天気が崩れる前に、のぞいてみたかったのです。

続きを読む


速報 携帯復活 [折々散歩]

カワウソが。捕らえた獲物を岩に並べて祝祭を催す故事にちなんで、撮りためた写真を並べて一人多能しもうという趣向のコーナーです。

何よりもまず、はじめにご報告。

ケータイ復活。

お騒がせしました。



今日の記事はこれでオシマイ。

では。いかにも味気ないので、ちょっと以前の写真を紹介して、お茶を濁します。

続きを読む


塞翁が馬なるべけん麦の秋 [折々散歩]

昨夕は、楽しい観劇で、笑いました。

劇団NLT「OH!マイママ」、倉敷市児島文化センターでの公演でした。

フランスの大物国会議員の妻の失踪の鍵を握るアメリカ陸軍大佐フランク。彼は何故やってきたのか?

どんでん返しに次ぐどんでん返し、抱腹絶倒、「オサレ」な喜劇。

余韻を楽しみながら、気分良く会場を出たのですが、待てよ!電源を切ってポケットに入れたはずの携帯電話が見あたりません。

慌てて座席付近やトイレなど心当たりを探しましたが見つからず、受付付近に、いつもお世話していただいているUさんの顔があったので、事情を話すと、拾得物の届けはまだないけれど、きっと出てくるでしょう、と慰めてくださいました。

一応、昨夜のうちに携帯会社に電話して、回線を中止して戴き、一夜明けて、会場に連絡しようと思ったら、今日は休館日。念のため、最寄りの警察に遺失物とどけをし、携帯会社とも連絡を取るなど、ブルーで煩瑣な午前中を過ごしました。

今日はパートのお仕事が休みなので、カメラを持ってどっかに出かけてみたいと思っていたうきうき気分は、すっかりくじかれてしまいました。

ぐっすり眠れる心境でもないので、早朝散歩をしましたが、それはそれで、すがすがしい朝でした。

まさに「麦の秋」、「麦秋(ばくしゅう)」真っ盛りで、一面黄金色。すでに刈り入れの始まっている畑もあります。

「フォト蔵」のメンテナンスも終わり、トラブルも解消したようですので、大きい画像を掲載しておきます。

続きを読む


今日のおカイコほか [Nature]



わが家のお蚕様は、生まれた時期によって、まだこんなに小さいベビーもいます。

続きを読む


麦と花と鳥と虫と虫偏と [折々散歩]

休みの日に限って早く目覚めて、何かそわそわするのは、性癖でしょうか、今朝も、近所の散歩に出かけました。

麦は、ますます熟しています。

続きを読む


水生植物園の生き物たち、の巻 [折々散歩]

風邪がすっきりしません。

5月のはじめに、喉が痛くて、声が出なくなりましたので、耳鼻科に行って、抗生剤など一週間分お薬を処方していただきました。それを飲みきる頃にはほぼ改善したと思えましたが、今週になってまたぶり返したのか、体調がよろしくありません。

今日は、毎月の血圧の薬を貰いに行くかかりつけ医院で、ついでに風邪薬も処方していただきました。ちゃんとお薬手帳を持って行きましたので、確認の上、違うお薬を出して置きましょうね、とのこと。

折しも、待合室のテレビで、「残薬」問題が話題になっておりました。確かに、7日分の膨大な分量を見ると、人ごとでもありません。

続きを読む


週末の朝の散歩の出会いかな [折々散歩]

アルバイト生活の身にも、週末は嬉しいです。

勤務時間の始まりがゆっくりですので、早朝散歩もゆったりできます。AM6時過ぎに家を出て、ゆっくり歩きますが、太陽はもう空にあります。

散歩道の途中で、お隣さんが朝散歩から帰ってこられるところに出会います。暗いうちから歩いておられるのでしょう。少し年上ですが、お元気です。

先日は、趣味の海釣りで釣り上げた大きな鯛をいただきました。しょっちゅう、立派な魚を頂戴します。

私がカメラを持って歩いていることをご存じで、声を掛けてくださいます。

いやはや、恥ずかしきこと。身を縮めてご挨拶するほかありませんが、今日の成果はこんなものでした(汗)。

わが家から、およそ数百歩の所に、カワセミです。

今日は、fuji finepix s1を持って出ました。

距離はOKですが、逆光は辛い。



麦畑も、朝日を浴びて、良い感じです。












農業用の用水路に、バンを見つけました。

よく見ると、何羽かの雛が、親の後をついて泳いでいきます。

子育て中のバン

子育て中のバン posted by (C)kazg



子育て中のバン

子育て中のバン posted by (C)kazg

子育て中のバン

子育て中のバン posted by (C)kazg

子育て中のバン

子育て中のバン posted by (C)kazg

子育て中のバン

子育て中のバン posted by (C)kazg

バンの親子

バンの親子 posted by (C)kazg

バンのひな

バンのひな posted by (C)kazg



クチバシのあたりが青いダイサギは、オスの婚姻色だそうですね。

小魚を狙って、漁をしています。

婚姻色のダイサギ

婚姻色のダイサギ posted by (C)kazg婚姻色のダイサギ

婚姻色のダイサギ posted by (C)kazg婚姻色のダイサギ

婚姻色のダイサギ posted by (C)kazg



鮮やかな金色のオオキンケイギクの陰で、アオサギが小魚を狙っています。オオキンケイギクとアオサギ

オオキンケイギクとアオサギ posted by (C)kazg大キンケイギクとアオサギ

大キンケイギクとアオサギ posted by (C)kazg

今日はここまで。

満室の集合住宅、の巻 [折々散歩]

大食漢のお蚕様。特に、5令(齢)幼虫の食欲の凄まじさは、ハンパではありません。

一生の食事量の80%以上をこの時期に食べるそうで、桑の葉の調達がとても追いつきません。

昨日は、ストックが空っぽになりましたので、早朝、当座しのぎに、散歩道の桑の木から頂戴しておいて、朝のうちに田舎の実家へ向かいました。
よく晴れて、月の輪古墳がはっきり見えました


続きを読む


鳥を撮るつもりのレンズで虫を撮る、の巻 [折々散歩]


先日の雨の朝、玄関先に、濡れそぼったチョウのムクロが横たわっていました。



この季節、いろいろな昆虫たちの姿をよく見かけます。


続きを読む


最近のニュースから [時事]

大きなニュースが続きます。何かコメントをせねばと思いつつ、時間の流れに負けています。

日付順に、三つのニュースの感想メモを書いておきましょう。

1)安倍さんが、新たな「安保法制」を国会提出へ。

記者会見の模様を一部、テレビで見ましたが、「(戦争法案という)無責任なレッテル貼りは全くの誤り」「平和、平和とただ言葉を唱えるだけでは(平和は)実現しない」「(アメリカの戦争に巻き込まれる)絶対にあり得ない」などと断言するあの自信たっぷりの様子。「居丈高」という熟語が、まず思い浮かびました。

大勢の人の生死に関わる問題で、不安を抱く人の思いを、軽く一蹴して済ます無神経さに、デリカシーも想像力もない人だなと感じて、嫌な気分になりました。

続きを読む


雨上がりのアマガエル、の巻 [Nature]

今日も、大食漢のお蚕様のために、桑の葉を調達に行ってきました。

昨夜からかなり強い雨でいたが、昼前には上がり、庭木の枝に、ひょこりひょこりと、アマガエルが3匹も顔をみせました。

先日も、同じ場所に一匹が顔を見せたのですが、今日は3匹です。しっかり激写!させていただきました。

以前この記事でも書きましたように、私の記事には、カエルがよく登場します。

たとえば、こんな風です。

2013-08-08

2013-08-09

2013-08-16

2014-04-12

2014-05-15

2014-06-14

続きを読む


妖精か、はた妖怪か、ケッタイな、の巻 [今日の「これなあに」?]

昨日は、また、田舎の実家に、桑の葉を調達に行ってきました。すでに、父が伐り集めてくれていたものにくわえて、父の情報をたよりに川原とか農道のあぜ道とかを探索し(自動車で)、あちらこちらで収獲して、とりあえず一週間分くらいはゲットできたでしょうか?
でも、お蚕様の食欲は底なしで、生育にともなって、食い尽くす桑の葉の量は天井知らずのタンジェントカーブを描いております。
昨日持ち帰った桑の枝。



このほか、葉っぱをもう一袋、ビニール袋に持ち帰りました。

続きを読む


青空を舞うこの鳥なあに? [今日の「これなあに」?]

台風接近の影響で、雨です。
喉、咳の調子も今ひとつで、発声控えながら、まずはお仕事をこなしましたが、出歩きはやめて、おとなしく家に帰りました。
お蚕様は、あれ以後、特段の「食あたり」症状も見せず、食欲旺盛です。
大きさ比べに、爪楊枝を置いていますが、著しい成長ぶりです。

続きを読む


桑を探して三千里!の巻 [折々散歩]

昨日で歯医者の治療が終わりました。連休を挟んだので、2週間もの間、治療中の歯で噛むことを制限されていました。反対側の顎ばかりで噛んでいると、妙な肩こりがたまります。

それにくわえて、連休に帰省した大阪の次男一家が、お土産に残してくれたらしい風邪のせいか、のどが痛くて声が出なくなりました。咳き込むと、発作のように咳が止まりません。寝込むほどではないのですが、商売にさしさわります。
というわけで、耳鼻咽喉科を受診し、何種類ものお薬をいただいてきました。喉の痛みや、発声は、いくらか緩和した感じですが、なんだか身体がだるい。風邪のせいというより、「薬効」のせいではないかと思われます。
折角の日曜日、しかも五月晴れの一日、やはり散歩はしたいです。黄色い鳥、青い鳥など、会ってみたいのはヤマヤマですが、遠出は控えます。

先日の食あたり(?)被害は数匹(数頭というべきか?)にとどまり、お蚕様の、食欲いまだ衰えず、ストックしていた桑の葉も底をつきかけています。

続きを読む


立てば芍薬座れば牡丹、の巻 [今日の「これなあに」?]

昨日の記事で、お蚕様の健康状態について書きましたところ、各方面からご心配をいただき、ありがとうございました。

原因不明の苦痛に見舞われたのは、5~6匹だけにとどまり、おかげさまで、被害は最小限に収まったようです。

何しろ、原因不明ですので、確信を持った対処ができませんが、しっかり水洗いをした桑の葉を、しっかり水分を乾かしてから与えることにしております。今のところ、他の個体は無事のようです。









続きを読む


連休末日の「悲劇」三題、の巻 [今日の「これなあに」?]

 【注】今日の記事は、お嫌いな方もありそうな、美しくない写真が含まれていますので、ご注意ください。

連休も今日で終わり。

最後になって、ちょっと風邪を引いたか、喉が痛くて声が出なくなりました。明日からの商売に差し支えます。のど飴を、幾粒もなめましたが、顕著な改善は観られません。

そんな体調のなか、お蚕様の桑の葉を採りに、田舎の実家まで行ってきました。

今朝のお蚕様はこんな様子です。

生まれ日の違いによって、大まかに3つのグループに分けて飼育しています。

第1世代


続きを読む


こどもの日 [折々散歩]

わが家の玄関先の、鉢植えのサクランボの実もだんだん色づいてきました。








続きを読む


循環小数の悲哀、の巻 [折々散歩]

昨日の雨が午前中には上がり、散歩可能なお天気になりました。

時は連休、いろいろ行ってみたいところもありますが、子守(いや、孫守)の約束もしましたので、短時間で帰れる、いつもの散歩コースを歩きます。先日路傍に見つけておいた桑の木から、少しばかり枝葉を頂戴してこようかと、これを第一の目標に考え、ついでに路傍の花々でもスケッチできたら良かろうと、割り切って、今日は長いレンズは持ち出さないことにしました。

先日、カメラ・レンズの収納場所を整理して、愛着ある古い機器をたたき売りして、雀の涙にも満たない代金に惨めな思いを味わったことは書きましたが、その際手放さずに残しておいたオールドレンズを、あれやこれや触ってみています。今日の散歩には、何を持って出ようかと迷いましたが、本当に久しぶりに、tamron80-210mm
F/3.8-4をafアダプタに装着して用いてみることにしました。

続きを読む


68歳おめでとう、日本国憲法さん、の巻 [今日の暦]

今日は日本国憲法さんの、68歳のお誕生日。
この先ご健勝であれば、2年先の2017年には「古希」を迎えられることになります。昔から、古来まれなものとして、その長寿を祝う年齢です。
いま、わがくにの平均寿命は、ずっとのびていますから、70歳といえども、「後期高齢者」にもとどかぬ「若さ」ですが、世界中の憲法さんのなかでも、最長寿に属する事は間違いないでしょう。
「寄る年波」というものもありまして、時の政権担当者の思惑で、本意ならざる「解釈」やら、「運用」やらを施され、若かりし日の輝くばかりの清新さには痛々しいばかりの影が差している事は否めません。
とはいえども、あなたのお陰で、私達日本人は、これまで68年間の長きにわたり、ただの一人も、戦争で人を殺すことがなく、一人の戦死者を出す事もないという「古来希」なる僥倖を享受とができたのでした。
いましも、国権の中枢部では、なにやら、物騒な動きが進んでいるようですナ。

続きを読む


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0