So-net無料ブログ作成
検索選択

故旧また集ひたる日や鹿を見つ [折々散歩]

9月も今日で終わりです。.

お天気も、明日から大きく崩れるそうですね。

今日は、以前これらの記事(「故旧あい集いし森の青胡桃」」「故旧相和す刻愉快節分草(こきゅうあいわすときゆかい せつぶんそう) 」でも登場していただいた「故旧」の面々とともに、和気町の「岡山県自然保護センター」を訪問しました。↓この記事以来の、一年ぶりの企画です。

そのかみの十五の吾も仰ぎ見し大き銀杏はとこしえにあり


続きを読む


夜は更けて超満月を肴かな [今日の暦]

今日は「スーパームーン」だそうです。

NHK NEWSwebの今日の記事にこうありました。

 国立天文台によりますと、28日は月が地球に最も近づく日と満月になる日とが重なることから、月の見かけの大きさがことし最も大きくなるということです。最も小さく見えるときの満月と比べると、28日夜の満月は、直径がおよそ14%大きく、30%近く明るく輝いて見えるということです。

27日は旧暦の8月15日「中秋の名月」で、美しい月に親しめる日が続いています。

満月が特に大きく、明るくみられるのは、およそ14か月に1回で、次回は来年の11月14日になるということです。

続きを読む


抜けるほどと言うべき空の蒼さかな [折々散歩]



わが家のキンモクセイも咲き始めました。今年は夏に季節外れの強剪定をした影響で、花付きがきわめて微少ですが、律儀なものでこの時期忘れずに咲いてくれます。(10月に入ってから気づくことも多いのですが、今年は少し開花が早いかも知れません。)

今朝は、またまた、思い立って、自転車でわずかな距離を走り、秋の空気と景色を楽しみました。

体重のせいで、サドルが、高さを調整してもすぐにずり落ちてしまい、お猿の自転車こぎの風情となり、結構足腰がくたびれる悲哀をかこっていた状況を脱したくて、今朝はスパナを持ち出して、サドル位置を心持ち高めに、そしていつもより固く、固定しました。

さすがに、これだけのことで自転車漕ぎが少し楽です。

今日の、楽しい出会いは、色々ありましたが、のちの機会に譲るとして、今日は、路傍のコスモスの写真をアップします。

pentaxQ7で撮影。




続きを読む


「年金裁判」は何に貢献するか?の巻 [時事]

「年金裁判」というものをご存じでしょうか?

今年の五月、こんなニュースが報じられました。

地元新聞「山陽新聞」web版の記事から引用します。

続きを読む


孫と歩いた動物園、の巻(第3回) [折々散歩]

先日、孫と行った池田動物園の記事の補遺です。

池田動物園が、旧岡山藩主の末裔、池田隆政氏の設立ということは前回書きましたが、詳しいことは知らなかったので、ちょっと調べてみました。

朝日新聞 のこの記事が、比較的コンパクトで、過不足なく現状を伝えていると思いました。




続きを読む


重ね来し久遠の刻や秋の塔 [折々散歩]

今日の午前中は、快晴。

片道10km弱の場所で、人とお会いする約束をしておりました。思いつきで、自転車で出かけました。たいへん心地よいサイクリングができましたが、こんな機会には、道路が自動車優先であることを痛感させられます。

できるだけ自動車の通行量が少ない道路を選んで走るのですが、途中、川を二本横切る時には、そういうわけにはいきません。片側だけに、わずかに歩道のスペースがありますが、自転車は車道を通る想定になっているようです。トラックや大型車がひっきりなしに往来する道路ですので、これがなかなか危険です。かなり急勾配のスロープでもありますので、もっぱら、歩道上を、自転車を押して歩く事にします。

majo様の昨日の記事で、起伏ある往復45kmのコースを走破されたそうですが、ご立派。

majo様に限らず、長距離自転車も大山登山も苦にならないF先輩も、通勤をはじめ、ことあるたびに倉敷-岡山間をすいすいと往復なさるF女史もあっぱれ、脱帽です。いや、現役の高校生なんか、毎日平気で自転車を長距離乗り回しています。見上げたもんだよ、屋根屋のふ○どし!ですね。

筋肉痛はそんなにすぐに出るはずもないでしょうに、身体の節々がだるくて重いです。



続きを読む


再生の象徴 楷の葉は緑 [折々散歩]

ホーページビルダーアップグレードモジュールというものが、windows7用に提供されていた事を発見し、導入してみました。

「ズバリ日記帳」は、テキスト文書を日記として書き綴るには適しており、html返還も容易なのですが、画像は画像で別扱いする必要があるようです(正確に確かめたわけではありませんが)。

ですので、「ズバリ日記帳」を「メモ帳」(または「秀丸」)代わりにテキストエディター的に使い、あらかた仕上げてから、ホーページビルダーで写真入りの記事を作成する、という手順を取ってみようかと思います。

何で、わざわざそんな煩瑣な回り道をするの?とツッコミたくなりますが、そこはそれ、迷い道が趣味ということで、、。

さて、昨日の朝、戦争法抗議の集まりに出かけたものの、刻限に間に合わず、すごすごと駐車場まで引き返した顛末は書きました。

でも、それなりに、悔いのない散歩はできました。


続きを読む


動物園散策日記(その2) [折々散歩]

今朝は、中国地方選出の若い大平よしのぶ議員(共産党)の国会報告街頭演説があると聞き、後楽園の駐車場に車を停めて、時間調整と健康のためにと思って、駅前まで歩いてみました。が、目当ての会場付近に、その気配がない、、、(汗)。

念のために、情報をくれた知人にメールで確かめてみますと、どうも私が時間を30分間違えたらしい。幾つもの場所をハシゴして飛び回る、短時間の演説だったらしく、空振りに終わりました。

でも、帰りには後楽園の中も散歩して、シルバーウィークの午前を心豊かに過ごしましたとさ。

後楽園のお散歩はまた改めて記事にするとしまして、昨日の池田動物園の続編をお送りします。




続きを読む


動物園へ行ってみた、の巻 [折々散歩]

皆さんは、ブログの投稿を、どのような方法で行っておられますか?

私は、最初のうちソネブロの直接編集画面で入力していましたが、長時間かけて書いた文章が消滅してしまう悲劇に何度か泣きました。

その嘆きは、こんな記事に書きました。

マクロスライド?なんのこと?---消えた傑作の巻?



立冬の雨に打たれてとほほかな またまた、消えたブログの怪!





この記事の続きを読む


nice!(35)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後世の 歴史に残る日 空澄める [折々散歩]

備忘のため、事柄だけ書き留めておきます。

このニュースの通り、戦争法が強行されました。

続きを読む


強行採決にまつわる記憶のエトセトラ、の巻 [時事]

仕事の都合で、今日もブログ掲載はお休みのつもりでしたが、備忘録的意味からは、欠落させられない出来事がありましたので、一言コメントしておきます。

昨日の、参院特別委での強行採決の顛末。

通勤時間中のカーラジオや、昼食休憩の時間などで、音声だけの国会中継を聞きつつ、暗澹たる気持ちをぬぐえませんでした。日本の民主主義の未熟さ、未開さが、透けて見えて、居心地悪いことこの上もありません。

強行採決自体は、これまでも何度も経験していることで、決して想定しなかったわけではありません。しかし、国民世論と運動の急速な高揚が、かつてない規模と質のものだったと思えるだけに、ひょっとして道理が通る可能性を、淡く期待していたのでしょう。冷厳な、と言うよりも愚劣な事実に直面して、やはり気落ちしている自分に気づきます。



続きを読む


嘆けるか 怒れるか はた?百舌鳴かず [折々散歩]

昨日、仕事帰りに岡山後楽園を歩いてみました。

この秋、初めて百舌を写しました。

小さな、さえずりの声の方に目をやると、意外な間近さに、百舌の雄です。

あのけたたましい高鳴きの声は聞こえません。

続きを読む


麗しき匠の細工や萱鼠 [今日の「これなあに」?]

今日は、時間に余裕がないのですが、見ていただきたいものがありまして、簡単にご紹介します。

昨日、仕事から帰って、倉敷川方面へ、自転車でぶらり散歩。



続きを読む


これなあに?蝶か雀か また蜂か [今日の「これなあに」?]

昨日の散歩中、この虫に出会いました。

ホバリングしながら吸蜜する様子が面白い。

「オオスカシバ」という名前がまず思い浮かびましたが、少しし色合いなどが違いますね。

オオスカシバの過去の画像はこれ。(記事はこちらです)

_K526929_R.JPG

「ホウジャク」という名前も浮かびました。蜂雀と書いてホウジャクです。スズメガの仲間だそうですね。

今ひとつ自信はないので「これなあに?」に分類しておきます。



続きを読む


サッカーの少年秋陽を纏ひたる  [折々散歩]

朝方、自転車でぶらぶら散歩。

いろんな場所から常山が見えます。

田んぼの稲穂も、日増しに重みを加えているようです。

続きを読む


秋めくや まれびとあまたおはしける [折々散歩]

東の地方では、未曾有の洪水災害にひきつづいて、あいつぐ地震、、。ごぶじでしたでしょうか?お見舞い申します。

我が地方は、台風の進路が逸れ、昨日から青空がのぞいています。

今朝の常山です。

続きを読む


重陽の節句の蘊蓄(第二回)、の巻 [今日の暦]

一昨年の今日、この記事
重陽の節句あれこれ。最後は酒の話。

を書いています。

ビギナーのけなげさ、なかなか気合いが入っています。
話がとりとめもなく広がって、どうにも収拾がつかなるなる性癖は、今もまったく変わりませんが。
改めて読んでみますと、今日、思いついたネタは、書き尽くしておりました(汗)

 

この記事の続きを読む


nice!(72)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

世の愁い燃やし尽くすや西の空 [折々散歩]

先日話題にした今井正監督「橋のない川」(第一部)の1シーンに、こんな場面があったような気がします。

北林谷栄演じる老婆、畑中ぬいが、地主の元に小作米を収めての帰り道、空になった大八車(荷車)に乗るよう嫁のふでに勧められ、寛いで後ろ向きに腰を下ろした彼女の目に、みごとな夕焼けで西の空が真っ赤に染まっているのが見えます。

「見てみい。おふで。あの向こうが西方浄土ゆうてなあ、お釈迦はんが住んではるところやで。あそこには、差別も貧乏もないのやで。この世で、どんなに辛くても、辛抱して、お釈迦はんにおすがりしとったら、あそこへ行けるんやで。」

というようなことを、しみじみ語る場面。まことにあやふやなうろ覚えで、正確なところは確かめるいとまがありませんし、住井すゑさんお原作も斜め読みに当たってみましたが、見あたりません。でも私の記憶の中では、印象的な場面なのです。

前にも書きましたが、映画「橋のない川」(第一部)は、モノクロ映像がずーっと続きます。ですから、この「西方浄土」を眺めやる場面も、実際はモノクロ映像だったのでしょうが、私の脳裏には鮮やかな紅い夕焼けの映像が刻まれています。

続きを読む


雨に濡れた後楽園の「ちいさい秋」の巻 [折々散歩]

秋雨前線の影響だそうです。この頃、雨が続きます。

我が地方の、今日の予想最高気温は26℃だそうです。猛暑時の、冷房設定温度よりも低いわけですから、肌寒いほどでしょう。

昨日も、降ったりやんだりでした。

午前中は、会合に出席。午後は、アッシーです。手待ち時間をどこで過ごすか?変わりばえしませんが、秋雨の後楽園を訪ねてみました。

傘を差すほどでもないですが、手に持っておかないと不安な程度の空模様です。

「水辺のももくん」付近から、岡山城を望みます。



続きを読む


縷紅草彩なす村は過疎にして [折々散歩]



我が庭の朝顔は、今日も新しい花を咲かせてくれていますが、しぼんだ花殻も目立つようになりました。


続きを読む


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0