So-net無料ブログ作成
検索選択

存分に撮り納めして歳暮るる [今日の暦]


大みそかです。
これにちなんで書こうと思った蘊蓄は、なんと一昨年のこの記事に、いっぱい書いておりました。
大晦日の蘊蓄 その他

この記事では、井原西鶴の「大晦日定なき世の定かな」という句をひき、『大晦日あはぬ算用』という文章を話題にしました。また、これを下敷きに、太宰治が『新釈諸国噺』の冒頭に、『貧の意地』という短編を書いたことにも触れました。その太宰が、『新釈諸国噺』を高く評価していたことも書きました。
もうネタ切れです。
ちと強引に、話題を転じます。

西鶴の作品を現代風にアレンジした太宰の小説集『新釈諸国噺』の一編に、わが故郷「美作」が登場します。
西鶴四十七歳の作品『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』をもとにした「破産」という作品です。
こんな書き出しです。

むかし美作の国に、蔵合という名の大長者があって、広い屋敷には立派な蔵が九つも立ち並び、蔵の中の金銀、夜な夜な呻き出して四隣の国々にも隠れなく、美作の国の人たちは自分の金でも無いのに、蔵合のその大財産を自慢し、薄暗い居酒屋でわずかの濁酒に酔っては、
 蔵合さまには及びもないが、せめて成りたや万屋に、
 という卑屈の唄をあわれなふしで口ずさんで淋しそうに笑い合うのである。この唄に出て来る万屋というのは、美作の国で蔵合につづく大金持、当主一代のうちに溜め込んだ金銀、何万両、何千貫とも見当つかず、しかも蔵合の如く堂々たる城郭を構える事なく、近隣の左官屋、炭屋、紙屋の家と少しも変らず軒の低い古ぼけた住居で、あるじは毎朝早く家の前の道路を掃除して馬糞や紐や板切れを拾い集めてむだには捨てず、世には何染、何縞がはやろうと着物は無地の手織木綿一つと定め、元日にも聟入の時に仕立てた麻袴を五十年このかた着用して礼廻りに歩き、夏にはふんどし一つの姿で浴衣を大事そうに首に巻いて近所へもらい風呂に出かけ、初生の茄子一つは二文、二つは三文と近在の百姓が売りに来れば、初物食って七十五日の永生きと皆々三文出して二つ買うのを、あるじの分別はさすがに非凡で、二文を出して一つ買い、これを食べて七十五日の永生きを願って、あとの一文にて、茄子の出盛りを待ちもっと大きいのをたくさん買いましょうという抜け目のない算用、金銀は殖えるばかりで、まさに、それこそ「暗闇に鬼」の如き根強き身代、きらいなものは酒色の二つ、「下戸ならぬこそ」とか「色好まざらむ男は」とか書き残した法師を憎む事しきりにて、おのれ、いま生きていたら、訴訟をしても、ただは置かぬ、と十三歳の息子の読みかけの徒然草を取り上げてばりばり破り、捨てずに紙の皺をのばして細長く切り、紙小縒を作って五十組の羽織紐を素早く器用に編んで引出しに仕舞い、これは一家の者以後十年間の普段の羽織紐、息子の名は吉太郎というが、かねてその色白くなよなよしたからだつきが気にくわず、十四歳の時、やわらかい鼻紙を懐に入れているのを見て、末の見込み無しと即座に勘当を言い渡し、播州には那波屋殿という倹約の大長者がいるから、よそながらそれを見ならって性根をかえよ、と一滴の涙もなく憎々しく言い切って、播州の網干というところにいるその子の乳母の家に追い遣り、その後、あるじの妹の一子を家にいれて二十五、六まで手代同様にしてこき使い、ひそかにその働き振りを見るに、その仕末のよろしき事、すりきれた草履の藁は、畑のこやしになるとて手許にたくわえ、ついでの人にたのんで田舎の親元へ送ってやる程の珍らしい心掛けの若者であったから、大いに気にいり、これを養子にして家を渡し、(中略) 

けちを見込まれたこの養子でしたが、環境が変われば人柄も変わります。


 やがて隠居夫婦も寄る年波、紙小縒の羽織紐がまだ六本引出しの中に残ってあると言い遺して老父まず往生すれば、老母はその引出しに羽織紐が四本しか無いのを気に病み、これも程なく後を追い、もはやこの家に気兼ねの者は無く、名実共に若大将の天下(以下略)

思うがままの散財の挙げ句、蔵の金が底をつきます。
内蔵はからっぽでも、この年の瀬さえしっぽを出さずに、やりくりをすませば、来年になれば何とかなると、待ちかねた除夜の鐘を聞き、ほっとして女房に酒の支度を言いつけた時、眼光鋭い浪人が訪ねてきて、「さいぜん、そなたの店から受け取ったお金の中に一粒、贋の銀貨がまじっていた。取かえていただきたい。」と迫ります。
「もう店をしまいましたから、来年にしていただけませんか。」と切り抜けようとしますが、浪人は聞き入れず、大声を挙げて、「百両千両のかねではない。たかが銀一粒だ。これほどの家で、手許に銀一粒の替が無いなど冗談を言ってはいけない。おや、その顔つきは、どうした。無いのか。本当に無いのか。何も無いのか。」と近隣に響きわたるほどの高声でわめきます。万屋の窮状はすっかり知れ渡るところとなり、「わずか銀一粒で大長者の万屋ぐゎらりと破産。」
どこぞの国の末路を見るようです。もはやお蔵は空っぽ、借用証文ばっかりうずたかく積み上げられているけれど、らいねんになったら消費税引き上げで、なんとかやりくりしてみせると、庶民の財布を当てにして、法人税引き下げと史上空前の軍事費大盤振る舞いのお大尽。「ぐゎらりと破産。」の前に、放蕩息子にはお引き取り願いたいですな。

ところで、今日の本題はここから。
去年の大晦日関連の記事はこちらです。
大晦日のカワセミ
大晦日の散歩で、今年の撮り納め(鳥納め)。去年と同じような鳥に出会いました。
朝の光の中のコガモです。

続きを読む


いや高に凍空翔(かけ)ん鳥のごと [私の切り抜き帳]

年の瀬も押し迫りました。 大掃除のシーズンですが、決まって古い新聞や本、冊子や手帳など、長く放置していた持ち物に目が止まり、ついつい時間を費やしてしまう、という経験をお持ちの方もおありでしょう。
引っ越しの時の大掃除などは、特にそうですね。 パソコン内の物探しや、ファイルの整理をしていると、同じ事が起こります。
昨日も実は、記事を書いている途中で、「みんな違ってみんないい(金子みすゞ)」の詩句や「異質共存」について触れた文章を探しているうちに、ついつい一連の文章を辿り読みしてしまい、思わぬ時間を消費しました。
少し思うところもありましたので、ごくごくプライベートな話題で失礼いたします。
以前、ある教育関係の雑誌にこんな投稿をしたことがありました。夜間定時制高校に勤務しはじめた頃で、記録には1996年とあります。

続きを読む


みんな違ってみんないい、の巻 [今日の暦]

ネット検索で、今日12月29日は「(旧)国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)」と知りました。

「生物多様性」という言葉が一般化したのはいつの頃でしたか。ネット上に次のような解説がありました。

 

知恵蔵2015の解説

生物多様性

ある生物群系、生態系、または地球上に多様な生物が存在している状態、および進化の過程で多様な遺伝子プールが過去から未来へと受け継がれている状態を指す概念。生物学的多様性(biological
diversity)とも言われる。

環境省は「生物の多様性に関する条約」で、生物多様性を、「すべての生物(陸上生態系、海洋その他の水界生態系、これらが複合した生態系その他生息又は生育の場のいかんを問わない)の間の変異性をいうものとし、種内の多様性、種間の多様性及び生態系の多様性を含む」と定義しており、ここに示されているとおり、生物多様性には「生態系の多様性」「種の多様性(種間の多様性)」「遺伝子の多様性(種内の多様性)」という3つのレベルの多様性がある。

「生態系の多様性」は、森林、里山、河川、湿原、干潟、サンゴ礁、乾燥地など地球上に多様な環境が存在し、それぞれに適応した種、個体からなる特有の生態系が存在することをいう。地球上には、現在までに約180万種の生物に名前が付けられているが、未知の生物を含めると数千万種から1億種の生物がいると考えられている。これを「種の多様性」という。

さらに、同じ種でも遺伝子が異なり、形質の多様性を生じ、多様な環境に適応した個体が生存して種を維持することを可能としている。これを「遺伝子の多様性」という。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2010年)



続きを読む


寂れたる師走の里や塔朱し [折々散歩]

大学入試に出題されたこともある難読漢字のひとつに「美作」があります。

「みまさか」と読める人は、以前は、相当に地理や歴史に詳しい人に限られました。最近はスポーツに詳しい人、特に女子サッカーに興味のある人なら、おなじみの地名になりました。「なでしこジャパン」の宮間あやさんが属する岡山湯郷Belleの、ホームグラウンドは、岡山県美作ラグビー・サッカー場 ですから。

「美作」の地名の由来について、平凡社「世界大百科事典」 第2版にはこうあります。

 みまさかのくに【美作国】

旧国名。作州。現在の岡山県北東部。東は播磨,西は備中,南は備前,北は因幡,伯耆の諸国に接し,中世末まで播磨国佐用郡石井(現,兵庫県佐用町石井)を含む。

【古代】

 山陽道に属する上国(《延喜式》)。713年(和銅6)4月,備前国から英多(あいた)(現,英田(あいだ)),勝田(かつた∥かつまた),苫田(とまた),久米(くめ),大庭(おおば),真島(ましま)の6郡を分割して設置された。備前守百済南典,同介上毛野堅身らの申請によるといわれる(《伊呂波字類抄》)。


また、ウィキペディアにはこんな記事があります。
美作市(みまさかし)は、岡山県の北東部に位置し、兵庫県および鳥取県と境を接する市。2005年(平成17年)3月31日に勝田郡勝田町、英田郡美作町・大原町・作東町・英田町・東粟倉村の5町1村が合併して発足した。
また、県内の市の中で最も人口が少ない市である。 

続きを読む


冬晴れ間静かな湖畔のカイツブリ [獺祭魚]

カワウソが、捕らえた獲物を岩に並べて祝いの祭を催す故事にちなんで、撮りためた獲物を並べて一人楽しもうというコーナーです。



同名の「幻の名酒」とは、一切関わりがありません。

この季節、児島湖周辺を歩くと、よくカンムリカイツブリを見ることができます。
ついカメラを向けてしまいます。

師走の児島湖のカンムリカイツブリ

師走の児島湖のカンムリカイツブリ posted by (C)kazg

続きを読む


朝な夕な明月愛づる歳の暮 [今日の暦]

今朝、6時前、朝刊を取りに玄関先に出て見ますと、明るい月でした。38年ぶりという「クリスマス満月」が、まだ沈まずに西の空に残っていたらしいです。
折角なので、手許のバッグからカメラを持ち出して、写してみました。
これがなかなか、上手に写せません。
自動露出では、月が白く飛んでしまうので、-3くらいに絞ることが必要のようです。
OLYMPUS PEN Lite E-PL5 + LUMIX G VARIO 45-200mm。最望遠側(200mm)で、この程度に写ります。露出がイマイチで、レタッチソフトでかなりアンダーに補正しました。 

続きを読む


めづらしき二十五日の聖菓かな [味覚、食材]

「六日の菖蒲、十日の菊」ということわざがあります。

菖蒲は、「ショウブ」とも読みますが、このことわざでは「むいかのあやめ」と読むのが一般でしょう。

五月五日の端午(たんご)の節句には菖蒲を、九月九日の重陽(ちょうよう)の節句には菊を飾ります。重陽の節句については、過去にこの記事この記事で蘊蓄を傾けたことがありました。

節句に一日遅れた五月六日の菖蒲、九月十日の菊では、時機に遅れて役に立ちません。「十日の菊六日の菖蒲」ともいい、時機に遅れてしまったことをたとえて言います。類義語に「後の祭り」「証文の出し遅れ」などのことばもあります。

そういえば、「後の祭り」の類義語について、この記事でも書きました。

続きを読む


聞きなせばアオジも嘆くか消費税 [折々散歩]


クリスマスイブですね。

去年はこんな記事を書きました。

懐かしき便り嬉しき聖夜かな

そして、一昨年はこんな記事を書きました。

愛(は)しけやし孫の手作りケーキかな


続きを読む


思い込みから思い出した一つの記憶、の巻 [折々散歩]

昨日は冬至で、南瓜の煮付けを美味しく食べました。
そうこうするうちにウトウトしてしまい、風呂に入るのが深夜になりましたが、柚子湯にするのを忘れておりました。
昨日の記事で、「今日は冬至で、一年で最も昼が短い日。ということは、明日からはだんだんと朝夕が明るくなってくるはずですね。」と書きましたら、 Enrique様から、下記のような、ご親切な、しかも文系人間にもよく分かるコメントを戴き、目から鱗がごそりと落ちました。

 冬至は一年で昼間が最も短い日であることは間違いないのですが,日没が一番早いわけでも日の出が一番遅いわけでもありません。
日没が一番早いのは12月の初旬で,日の出が一番遅いのは1月の初旬です。
人間の感覚としては,日没時刻が分かりやすいので,昔の人は,「冬至10日前から藁の節ほど日が延びる」などと言ったようです。
なるほど、ガッテン、ガッテンです。
この場を借りてEnrique様にはお礼を、読者の皆様にはお詫びを申し上げ、訂正させていただきます。

続きを読む


いざやいざ一筆啓上冬至晴 [折々散歩]

カワウソが、捕らえた獲物を岩に並べて祝いの祭を催す故事にちなんで、撮りためた獲物を並べて一人楽しもうというコーナーです。
同名の「幻の名酒」とは、一切関わりがありません。



今日は冬至で、一年で最も昼が短い日。ということは、明日からはだんだんと朝夕が明るくなってくるはずですね。

今朝は、思わぬほどの濃霧で、文字通り五里霧中。信号機の色さえ、よほど近づかないと判然としないほどでした。

実はこの濃霧、昨夜から立ちこめていて、我が家で夕食を共にして夜中にアパートに向かった娘が、前方がほとんど見えず、のろのろ運転で帰ったと電話してきました。

私の通勤路も、朝のうちしばらくはそういう状態で、ヘッドライトをつけても前の車も対向車もはっきり見えません。さすがに職場に到着する頃には晴れ上がり、明るい日差しがさしていました。

日中、この時期としては、異例の暖かさでしたが、週末はまた冷え込むようですね。


続きを読む


安酒をちびりちびりの物思い [獺祭魚]

カワウソが、捕らえた獲物を岩に並べて祝いの祭を催す故事にちなんで、撮りためた獲物を並べて一人楽しもうというコーナーです。

同名の「幻の名酒」とは、一切関わりがありません。

先日、酒屋を覗いたら、この銘酒が棚に並べられて、オーラを放っておりました。

山口県出身のアベ首相が、ロシアのプーチンさんやアメリカのオバマさんに、地元の地酒であるこの「獺祭」を「手土産」としてプレゼントしたなどのエピソードも知られていますし、アニメ「新世紀エヴァンゲリヲン」にも、この酒がさりげなく登場することも、マニアには周知のことだそうです。

それより何より、蔵元の「旭酒造」とその社長さんが、テレビやラジオなどで、酒づくりへのこだわりと味への自信を熱く語られるのをお聞きし、興味を覚えておりました。

続きを読む


やはらかき円(まろ)き柄長(エナガ)や足るを知る [折々散歩]

「この冬一番の冷え込み」が続きます。

散歩に出るのも億劫かなと思っている隙を突かれて、妻が障子の貼り替えを命じますので、渋々従いました。

買い置きの障子紙が、微妙に足りず、障子貼り用の糊も見あたらないので、急遽買い出しに出かける必要もあって、昼食を挟んでの半日仕事でした。

仕上がりはチョーブサイクですが、やり直す元気もありません。とにもかくにも、年越し準備の一端が整ったことにしておきましょう。

今日の記事は、昨日の続きです。

トリ(撮り)逃がしたトリ(鳥)を惜しむことにばかり囚われがちなのは、世俗の欲が捨てきれないせいですが、「足るを知る」という言葉を知らないワケじゃないんです。



以前、この記事で、「老子」の原典を引いたこともありました。


 知人者智、自知者明。勝人者有力、自勝者強。知足者富、強行者有志。不失其所者久。死而不亡者壽。(『老子』第三十三章)


【書下し文】
人を知る者は智、自ら知る者は明なり。人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。足るを知る者は富み、強(つと)めて行なう者は志有り。その所を失わざる者は久し。死して而も亡びざる者は寿(いのちなが)し。

【解釈】
人のことを理解するのは、確かに、知恵のある人じゃ。しかし、それよりもさらに、おのれ自身を理解する者こそが、賢明にして、遠くを見通すことができる人
じゃ。人に勝つ者は、力のある者じゃが、それよりもさらに、自分にうち勝つものこそ、真の強者といえるのじゃ。何事においても、充足を知る者が、真に豊か
な人間じゃ。努力を怠らず、たゆまず行動することこそ、目的を果たしておるちゅうことじゃの。おのれを見失うことなく、みずからの本来のあり方を貫く者は、長続きするのじゃ。身体は死んだとしても、なお亡びることのない者こそ、本当の長生きと言えるじゃろうの。

続きを読む


げにやげに天の網こそ疎(あら)からめ [折々散歩]

冷え込みが続きます。

ただ、朝から陽射しがありましたので、散歩に出かけることにしました。どこを歩こうか迷いましたが、昨日、偶然ミサゴの食事風景を見たので、今日は狩猟風景を写してみたくて、またまた児島湖へ向かうことにしました。

続きを読む


霜の朝ミサゴの展望レストラン [折々散歩]

冬型気圧配置と寒気の流れ込みにより、日本列島はこの冬一番の冷え込みにみまわれ、我が地方も零下の朝でした。

寒風の厳しさは感じますが、陽射しはあるので、アルバイト先に出勤する途中、少し遠回りして、鳥見スポットを通ってみました。

車から降りると寒いので、あわよくば、車窓越しに撮影できたらいいかなと思った次第。

するとラッキーなことに、駐車スペースのごく近くに、タシギが採餌中でした。

続きを読む


亀ありし階(はし)に小鴨も日向ぼこ [折々散歩]

昨日の雨は上がり、暖かい一日ですが、風は強く、明日にかけて冬型が強まり冷え込むそうです。今朝の散歩は、汗ばむほどでした。

田園風景は、わびさびを感じさせる冬景色になってきています。

師走の朝の田園風景

師走の朝の田園風景 posted by (C)kazg

続きを読む


身重なる娘と囲む牡蠣の鍋 [味覚、食材]

昨日は、ちょっと用事があって、仕事帰りに、娘のアパートを訪ねました。娘は、2月出産予定で、今週いっぱいで産休に入ります。昨日、定例の診察を受け、経過順調とのことでした。

婿殿の出身地は、「日本のエーゲ海」と呼ばれる牛窓です。

農作物も海産物も豊かな土地ですので、時々お裾分けをいただきます。時に牡蠣がシーズンです。

昨日も、帰りに殻付きと、むき身の牡蠣をたっぷり持たせてくれました。

続きを読む


故郷の川面におはすミサゴかな [折々散歩]

田舎の実家まで、米や野菜をもらいに行ってきました。

腰痛が多少和らいだのを「奇貨」とし、重い機材を携えて、往路、「小鳥の森」というところに立ち寄ってみました。岡山市東区にある「岡山県立青少年農林文化センター三徳園」という公園です。

持ってきたのは、、pentaxK5Ⅱ+SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM。私の持ち物の中では、比較的重量級のシステムです。

園内をゆっくり歩きましたが、高い声を上げて樹上を飛びかうヒヨドリの姿と、藪の中からの何か小鳥のさえずりのほかには、カメラを向けるような対象物さえ見あたりません。

ちょっと離れた木陰から、ヒタキっぽいさえずりが聞こえてきたので目を凝らすと、枝陰に小鳥の姿が見えます。ところが、カメラのピントが合いません。手前の枝に引きずられているようです。ボケボケで、正体不明ですが、ひょっとしてルリビタキでは?と、記念に貼っておきます。大幅トリミングしています。


続きを読む


行きがけの駄賃枯れ木に翡翠(ヒスイ)かな [折々散歩]

ぎっくり腰一週間になろうとしています。ようやく身動きが楽になり、今朝は、湿布も腰痛ベルトも外しました。

土曜日の今日も、バアバはパート仕事。保育園児の孫娘が生活発表会だというので、ジイジは写真撮影係として参観に行きました。

大仰な望遠系のレンズは取り外し、カメラバッグはできるだけ軽くして、保育園まで徒歩で行くことにしました。

ところが、こんな時に予想外のことは起こるものです。

家を出てわずか2~3分歩いたところで、目の前の小川にコガモの姿が数羽見えました。また時を改めて写そうと思いつつ、向こう岸を眺めていると、何か碧いものがよぎりました。

久しぶりに見る翡翠(カワセミ)でした。

続きを読む


スケーターのごとき滑水 鳰(にお)あまた [折々散歩]

やっとウイークエンドです。

さんざんな一週間でした。

日曜日の草取り(自治会行事)で腰を痛め、湿布を貼ってコルセットを着けての不自由な生活でした。

一昨日は、寄り合いの会場を別の場所だと思い込んでおり、悠々時間前に到着と思ったら違っていて、慌てて問い合わせながら、駆けつけましたが、遅刻。

昨日は、思わぬ渋滞で、通勤に一時間半もかかり、車中でイライラし続けた挙げ句、結局またまた遅刻でした。

トホホの連続です。

それでも、おかげさまで、腰の痛みはかなり和らぎました。

今日は、午後には雨も上がり、暖かい陽気でした。時ならぬ夏日になった地方もあったとか。

やっと週末を迎えた解放感から、風は強いけれども、鳥でも見ようかと、仕事帰りに車で回り道をしてみましたが、あいにく烏や雀以外は見あたりませんでした。

続きを読む


ほんにまあ堂々めぐりや漱石忌 [今日の暦]

今日は漱石忌、夏目漱石の命日だそうです。 ネット上の、今日付の毎日新聞記事に、俳人の坪内稔典さんのこんな文章が掲載されていました。

  書架に古(ふ)る子規全集や漱石忌 大橋越央子(えつおうし)



 今日は漱石忌。私の部屋の書棚には子規全集と漱石全集が並んでいる。子規全集は戦前に出た改造社版の22冊。20代の終わりごろ、パチンコで得た金で衝動買いをしたのがこの全集だ。読み始めたらたちまち夢中になり、子規研究が私の仕事になった。漱石は子規の親友だが、最近の私はこの2人を比べて読んで楽しんでいる。<坪内稔典>


続きを読む


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0