So-net無料ブログ作成

今日の「これなあに?」 その3  [今日の「これなあに」?]


これなあに?

sImgp6145.jpg
 
夏にクリーム色の花を見て。「大豆」と勘違いしたこの植物は、やはり小豆でした。小豆は「あずき」と呼びます。「小豆島」は「ショウドシマ」と読みます。 (このハナシ以前書きました)
そして最近話題にしている尾崎放哉は、小豆島に流れ着いて庵を結び、その島で人生を閉じます 。
映画化もされ話題を呼んだ角田 光代作「八日目の蝉」の舞台も小豆島でした。
八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/01/22
  • メディア: 文庫
八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本
八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: Kindle版
八日目の蝉 通常版 [DVD]

八日目の蝉 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD
八日目の蝉 DVD-BOX

八日目の蝉 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2010/09/23
  • メディア: DVD
八日目の蝉 [Blu-ray]

八日目の蝉 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


それではこれなあに?
 
sImgp0019.jpg
 我が家の、鉢植えのオリーブです。末の孫娘の誕生記念樹として、行政がプレゼントしてくれた苗木で、ようやく幾粒か実を結ぶようになりました。
sImgp0022.jpg
 小豆島と言えば、オリーブ。歌にも歌われています
 
オリーブの歌
                 作詞 河西 新太郎
                 作曲 服部 良一
                 唄    二葉 あき子
 
 一.夢もたのしい そよ風に
   みどり明るい オリーブの
   枝がさやさや ゆれてゐる
     あゝ恋を知り 恋に泣く
     島の乙女の  胸のよに
 
二. いつかあなたと あの丘で
   姿やさしい オリーブの
   銀の葉かげに 頬よせて
     あゝこぼれ咲き こぼれ散る
     白い花びら 数えたね
 
三. 瀬戸の岬の 南欧の
    海を偲べば オリーブの
    実る葉風が 君を呼ぶ
      あゝ青い空 青い波
      小豆島山 忘らりょか
 
昨日、労働組合女性部の集まりで仙台に出張されたという若き友人T女史が、珍しくメールをくださいました。
そこで、「Kさんという人に会いました 」との内容です。Kさんは、西宮に住む女性で、ご夫妻ともに、私とは学生時代の旧友。例の夏の高知での同窓会でも、お目にかかりました。T女史と同県のよしみで、私の消息を話題にしてくれたのでしょう。うれしいことです。
そのKさんの出身地が小豆島で、よくこの歌を歌ってくれました。

 昨夜、長女がついでがあって我が家に寄り、お土産に、頂き物だという、手作りのオリーブの塩漬けをくれました。大変な美味でした。
sPa159055.jpg
 
 

 

 

 

一緒に栗も。

sPa159060.jpg
 
sPa159062.jpg
 
今夜は栗ご飯です。

 


 


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

<

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA