So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

楽しいバス旅行、の巻(補遺その1) [折々散歩]

前回記事の補遺です。
案内チラシから、少々抜粋します。

◆主な探訪先
〇 萩原寺
唐から帰国した空海(弘法大師)が雲辺寺山に寺を建て千手観音像を刻んで安置し、周辺に49ヵ院を開いたが、このうち中之坊が1280(弘安3)年に山上から郷坊に移り、地蔵菩薩を本尊として地蔵院と号し、郷名により萩原寺と称した。ハギの名所としても知られる西讃の古刹。
〇雲辺寺ヶ原監的所(戦争遺跡)
日清戦争後の1896(明治29)年「富国強兵」の国策のもと善通等に陸軍第十 一師団(初代師団長は乃木希典)が設立され、雲辺寺ヶ原は山砲射撃場として接収され、1945(昭和20)年まで使用された。砲弾の着弾地点を観測するため昭和初期に建設された監的所。
〇 雲辺寺ロープウェイ山麓駅(昼食)
1987(昭和62)年春開通した雲辺寺ロープウエイは山頂まで全長2594m高低差657m。駅前で昼食。
〇雲辺寺山(徳島県三好市池田町白地)
四国八十八箇所霊場66番札所雲辺寺(真言宗)は讃岐と阿波(現德島県)の県境。標高927mの雲辺寺山の山項付近にあり、四国霊場の中ではもっとも高く、境内は約40haの広さをもちスギ・ヒノキなどの古木に囲まれ霊気漂うところ。
〇 国指定重要文化財 豊稔池堰堤(観音寺市大野原町田野々)
「月夜にも稲が焼ける」干魃に苦しめられ田野々 雨乞い踊り(県指定民俗文化財)が残るこの地に、地元最民の熱意の出役で1929(昭和4)年竣工した灌漑用の貯水池。
柞田川の上流の谷間に堤長145m提高30m中央部lこ5個のアーチと6個の扶壁をもつ石造マルチプルアーチダム。長い年月の風雪耐えたダムは、まるで中世ヨーロッパの古城を思わせる偉容と風格。今も下流の美田に豊かな実りをもたらしている。

〇 萩原寺

八十八箇所札所には数えられず、「別格」扱いだそうです。






この辺りは、萩の名所だそうです。

すでに咲いている萩もありました。
鉢に植えられて参道の売店で売られているものもありましたし、境内にもあちらこちらで、また付近の野山に自生する萩も花を着けているものがありました。

事前に下見に行ってくださった方が、生まれたばかりのチャボの雛が境内をよちよち歩くのが河合かtyたとおっしゃっていました。
かなり生長して、少年(少女)らしさを見せていました。



親鶏と比べると、やはり小さくて可愛い。


〇雲辺寺ヶ原監的所(戦争遺跡)

s-_K527659.jpg

s-_K527662.jpg

今日はこれにて。次回に続きます。

nice!(30)  コメント(4) 

nice! 30

コメント 4

majyo

チャボ、親子でいると違いがよ~くわかりますね
境内で放し飼いなんですね
萩の花ってそう見る事はないです。
可憐です

by majyo (2018-05-29 21:15) 

kazg

majyo 様
チャボ、レグホンやコーチンなどよく知られた鶏に比べると一回り以上小柄ですから、それと比べてジュニアの小ささが際立っていることが想像できると思います。
萩の花、秋には野山や公園で目にしますが、この季節に咲いていることに驚きました。
by kazg (2018-05-30 07:09) 

ファルコ84

新緑のこの季節、バス旅行・・いいですね
社寺を訪ねたり、花をみたり、動物にふれあったり
身も心も癒されます。
長いこと四国はご無沙汰です、行ってみたい。
by ファルコ84 (2018-05-30 08:57) 

kazg

ファルコ84様
お遍路旅(バスツアーで)を続けている友人もありますが、その身直がわかるような気がします。
by kazg (2018-05-31 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。

写真素材 PIXTA
RSS RSS1.0 | RSS2.0