So-net無料ブログ作成

東京大空襲に思いを馳せる、の巻 [今日の暦]

久しぶりに、早乙女勝元さんのお姿を拝見し、感慨を覚えました。


朝日新聞DIGITAL3月8日付のこの記事にリンクを貼らせて戴きます。   一部引用します。


「焼夷(しょうい)弾攻撃だけで一夜にして10万人もの人が亡くなったというのは、核兵器の被害と何ら変わらない。通常の火薬兵器でも核並みの被害を出すんです」。そう語るのは、作家の早乙女勝元さん(86)。館長を務める東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)によると、原爆被害を除く全国の空襲による民間人の死者数は、東京23区と約530市町村で推定約20万3千人に上る。2014年11月に地域史を調べて積み上げた数字で、これは二つの原爆で亡くなった犠牲者(広島14万人、長崎7万人)に匹敵するという。

(中略)

1970年に発足した「東京空襲を記録する会」に、早乙女さんは発起人の1人として加わった。背景にはベトナム戦争があった。60年代後半、沖縄の米軍基地を飛び立ったB52爆撃機がたびたび北ベトナムを空爆。下町で反戦集会に携わるなか、教科書では広島・長崎の原爆に触れても、東京大空襲の無差別爆撃に関するくだりはほとんどないことに気づいた。首都最大の受難史ともいえる惨禍の記憶を後世に伝えたい。その思いは「記録する会」の結成につながった。


ほんの先日、映画「あの日のオルガン」を観て、東京大空襲に思いを馳せたばかりでした。


平穏な日常こそがしあわせ、の巻


ところで、東京大空襲については、2015年に、こんなことを書いています。


昨日の「今日の暦」ーーー3月10日のえとせとら


1945(昭和20)年3月10日未明、米軍の約300機のB29爆撃機による空襲により、都内で26万戸以上の建物が焼け、100万人以上が罹災、およそ10万人が犠牲となりました。(中略)

この残虐な空襲を指揮したのは、米海軍のカーチス・ルメイ将軍でした。のちのベトナム戦争では、空軍参謀長として、「(北)ベトナムを石器時代に戻してやる」と豪語して北爆を推進した人物でした。

1964年航空自衛隊創立10周年に来日した彼に、こともあろうに、日本政府は、航空自衛隊の戦術指導に対する功績を称えて勲一等旭日大綬章を授与したのでした。これが象徴するように、長期にわたって政権に君臨する日本の歴代保守政権は、東京大空襲を初め、その後日本全国に及んだ空襲・空爆(わが岡山市は、6月29日未明、空襲を受け、市内が焦土と化しました)と、その極致としてのヒロシマ・長崎の原爆投下による被災について、その真相を明らかにすることに消極的です。

他人を恨まないサムライ精神の美徳なのか、それともジャイアンの無法を、常に無条件に賞賛受容するスネ夫精神の発露なのか?

ご自身の体験と、綿密な取材をもとに「東京大空襲」(岩波新書)、「東京が燃えた日―戦争と中学生」などの著者で、作家・児童文学作家の早乙女勝元(さおとめ かつもと)さんは、12歳でこの大空襲を経験されました。
3月10日付の朝日新聞デジタルが、近影とともにインタビュー記事を掲載していました。

政府・行政当局が消極的ななか早乙女さんは「東京空襲を記録する会」を結成し、東京大空襲の惨状を掘り起こし次世代に語り継ぐとりくみに中心的役割を果たしてこられました。この「東京空襲を記録する会」を母体に、2002年、「東京大空襲・戦災資料センター」が東京都江東区にオープンし、とりくみを継続しています。

江東区と言えば、大空襲の被害が最も大きかった地帯の一つです。私も若い頃、ホンの一時期、江東区の下町に住んでいたことがありました。 よちよち歩きだった子ども二人を遊ばせた公園にも、黒く焼け焦げた遺体がうずたかく積まれたと記録されており、ゆるがせにできない身近な出来事と感じたことでした。

東京が燃えた日―戦争と中学生 (岩波ジュニア新書 (5))


 


2013年の9月に書いたこの記事でも早乙女勝元さんを話題にしました。


昨日の「今日の暦」---「パパママバイバイ」のこと


この事件(注 1977年9月27日の横浜米軍機墜落事件)を描いた「パパママバイバイ」の原作者の早乙女勝元さんは、東京大空襲の実体験者で、学生の頃も何回か、そして就職してからも別の土地で、講演をお聞きする機会があり、そのたびに感銘を受けました。静かな語り口の中にも、平和への切実な希求と楽天的な勇気がみなぎるお話が、印象に残っています。

パパママバイバイ (子ども平和図書館)

パパママバイバイ (子ども平和図書館)

もはや、講演の内容は細切れにすら思い出せませんが、ただ一つ、確か小林多喜二を引き合いに出してでしたか、「私は、あるいは、凶暴な肉体的暴力に対して、耐え抜くことはできないかも知れない。でも、日常生活の中で求められるささやかな勇気を、自分なりに発揮することならできると思う。」というような趣旨のお話は、長い間私自身への戒めとなったことは確かです。
この事件を題材に、以前私が勤めていた高校の演劇部が、創作劇として演じたことがありました。手元の資料を探ってみると、1982年のことでした。「ハトポッポのうた」という題名で、中国大会にまで出場しています。墜落事故によって大やけどを負い、ついには息を引き取った林裕一郎君(当時3歳)がいまわの際に残した言葉が「パパママバイバイ」でしたし、弟の康弘ちゃん(当時1歳)も、「ハトポッポ」の歌を口ずさみながらあと追うようにして亡くなったのでした。「ハトポッポのうた」は、このエピソードに基づいてつけられた題名でした。

(中略)


 


思えば、他でもなく、私の父も空襲体験者で、以前、その旨を地元新聞に投稿した話題は、この記事で紹介しました。


家族3題(代)噺、の巻


父の新聞投稿を再掲させて戴きます。


若者に絶対駄目と願いたい

○○○○ 91 (美作市)

年を重ねても昔のことはよく覚えている。 「欲しがりません勝つまでは」と教育された。国民学校高等科2 年で卒業して、東京の軍需工場へ就職した。 先輩の指導を受けて、油だらけになり懸命に働いた。会社には私立の青年学校があり、ほとんどが軍事教練だった。
戦争は激しくなり、東京の空には毎日のよぅに米軍機が偵察に来るようになった。19 45年3月10日、東京大空襲があり10万人以上の人が命を失った。 5月25日の大空襲では、庭の防空壕に避難したのでみんな助かった。が、工場も寄宿舎も丸焼けになったので命からがら田舎へ帰った。
8月には広島、長崎に原子爆弾が落とされ大勢の人が亡くなった。あと1年も戦争が続いたら徴兵検査を受けて軍隊に入り、現在の自分がなかっただろぅと思うと戦争の恐ろしさをつくづく思う。
あのひどい戦争の状況を知る人が少なくなった今、戦争を知らない若い人に、戦争は絶対駄目だと強くお願いする。


たまたま難を免れて無事であったからこそ、今私が存在し得ているのだと思えば 、なおさら他人事とは思えません。




今朝は、冷え込みました。玄関先につるした温度計を見てみると、ほとんど0度でした。朝食のパンを切らしていたので、近くのコンビニまで歩いて買いに出ました。


天空には、星が瞬いています。


IMGP1634


雑木林と見えるのは、ソメイヨシノの桜並木です。蕾がふくらむのはいつの頃になるでしょうか。


PENTAXk30+TAMRON AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II
LD Aspherical [IF] MACRO で写しました。


IMGP1636


IMGP1637


こちらは、OLYMPUS E-PL7+M.ZUIKO 17mm 2.8。


P3090005


晴れた夜明けです。


午前中、所用がありましたが、時間調整のため寄り道をしてみました。


河津桜が咲きそろっています。


IMGP1643


IMGP1665


IMGP1675


ヒヨドリが花と戯れています。


IMGP1684


けたたましい囀りです。


IMGP1672


カワラヒワも沢山います。モミジバフウの実をついばんでいるようです。


IMGP1655


IMGP1656


ツグミ。


IMGP1668


黄色いスイセンが群れ咲いています。


IMGP1660


IMGP1661


昼間は、熱いほどの陽射しでした。


午後、小5の孫は、友達と一緒に、魚をすくいにアミとバケツと長靴をもって小川に出かけ、妹たちもついて行って遊んだようです。帰ってきて、今度は近所の公園や我が家を遊び場に、元気に楽しんでおりました。


今日はこれにて。


nice!(40)  コメント(4) 

nice! 40

コメント 4

風船かずら

無差別焦土作戦は軍人、軍事施設だけではない、女性子ども、病人住民の無差別爆撃、焦土作戦ですからナチスに劣らない非人道的な行為です。今戦争を知らない世代も戦争はこういう残酷なものということを知ってほしいし絶対これからあってはならないことなのです。平和的に人間が生きる世界こそ若い人達に望むことです。
by 風船かずら (2019-03-09 20:30) 

kazg

風船かずら様
>ナチスに劣らない非人道的な行為です。
地上戦は、お互いが傷つき、むごたらしい殺戮の現場を、敵味方の双方が目撃せざるを得ないのに較べ、空爆は一方的で、被害の側は地獄を味わい、加害の側は任務遂行の「達成感」が残るだけ?ましてや、ディスプレイ上の目標に向かって、ボタンを押すだけの、現代のコンピューター時代には、空爆する側には、血なまぐさい地獄を体感することなど無縁となるのでしょうね。せめて体験者の言葉をはじめ、体験記録に目を凝らし耳を傾けて、「想像の翼」を広げる機会がなければ、、、、、容易に地獄は繰り返される、、ことを怖れます。
by kazg (2019-03-10 08:16) 

momotaro

> 歴代保守政権は、東京大空襲を初め・・・ヒロシマ・長崎の原爆投下による被災について、その真相を明らかにすることに消極的です。
変ですねぇ、不甲斐ないですねぇ
中でも、戦後レジームを終わらせると言っている現政権が一番変ですねぇ
まず自らが反省し、相手の非も指摘していかないとたくさんの犠牲者の魂が浮かばれません。
by momotaro (2019-03-20 06:50) 

kazg

momotaro様
変です、変です。

by kazg (2019-03-21 21:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

<

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA