So-net無料ブログ作成

カエルカエル(蛙帰る)、の巻 [折々散歩]

前回記事の通り、手足の生え始めたオタマジャクシを、元の場所に帰してやることにしました。水槽の中に入れた大きめの石の上によじ登っているものもいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

孫たちに誘いをかけますが、高校生は部活、小学生も用事があるそうで、保育園児の末妹と同行しました。

ビニール袋に入れて運びます。

R0018845

R0018852

個体によって、かなり体格差があります。ひょっとすると別の種類の蛙かも知れません。

R0018851

R0018848

成体になるまで見届けてみたい気もしますが、さようなら、元気でね。

P5193547

P5193549

放流してやったものの、近くには魚捕り網を持った子どもたちの姿もありましたし、あるいは天敵に狙われる苛酷な運命が待ち受けているかも知れません。以前こんな記事を書きましたが、、、

「これなあに?」3連発、の巻


シマヘビに喰われるツチガエルでしょうか?
古い記事を引用しておきます。
芋の葉を日傘に幼き蛙哉

彼らの姿、動き、表情は,見ていて飽きません。
IMGP0497.png
カエルと言えば草野心平氏の詩を思い出す人も多いことでしょう。
「第百階級」という詩集の題名からして、市民を意味する「第三階級」(僧シェイエス)より、いっそう格段に底辺に生きる存在への共感が根底にある。カエルは、力弱く、心優しく、底辺に生きる存在であり、詩人もまたその同類なのでしょう。
「第百階級」から一編紹介しておきます。
ヤマカガシの腹の中から仲間に告げるゲリゲの言葉 草野心平
痛いのは当り前じゃないか。
声をたてるのも当りまへだらうじやないか。
ギリギリ喰はれているんだから。
おれはちっとも泣かないんだが。
遠くでするコーラスに合はして歌ひたいんだが。
泣き出すことも当り前じゃないか。
みんな生理のお話じゃないか。
どてっぱらから両脚はグチヤグチャ喰ひちぎられてしまって。
いま逆歯が胸んところに突きささったが。
どうせもうすぐ死ぬだらうが。
みんなの言ふのを笑ひながして。
こいつの尻っぽに喰らひついたおれが。
解りすぎる程当然こいつに喰らひつかれて。
解りすぎる程はっきり死んでゆくのに。
後悔なんてものは微塵もなからうじゃないか。
泣き声なんてものは。
仲間よ安心しろ。
みんな生理のお話じゃないか。
おれはこいつの食道をギリリギリリさがってゆく。
ガルルがやられたときのやうに。
こいつは木にまきついておれを圧しつぶすのだ。
そしたらおれはぐちゃぐちゃになるのだ。
フンそいつがなんだ。
死んだら死んだで生きてゆくのだ。
おれの死際に君たちの万歳コーラスがきこえるように。
ドシドシガンガン歌ってくれ。
しみったれいはなかったおれじゃないか。
ゲリゲじゃないか。
満月じゃないか。
十五夜はおれたちのお祭じゃあないか。

夜は雨になっていますが、昼間は、風は強いがよく晴れていました。

元気に駆け回って遊びました。

R0018863

R0018938

R0018856

R0018859

R0018900

ミニバラが美しく咲いていました。

R0018919

R0018914

R0018915

R0018910

トイレを借りると、男子トイレの天井辺りに、ツバメが巣をかけており、雛が大きく育っていました。図らずも臭い仲とあいなった次第ですが、臭いを我慢すれば、ここは天敵もない安全地帯なのでしょうかね?

R0018880

ところで下は、我が家の軒下のツバメの雛です。いつのまにか、こんなに大きくなっています。

R0018940

今年の雛は、不思議に、声を出して餌をせがむことをしません。生命力が弱いのかと疑ってもみましたが、今の所順調に成長しているようです。我が家の敷地内を、いつも2~3匹の野良猫が我が物顔に行き来していて、ところ構わず糞尿を置き土産にしたり、夜中に植木鉢を倒したりしてくれます。お隣さんの柿の木の植えの方まで登っているのも見かけました。以前、ツバメもキジバトも襲われて死んだことがありました。一番嫌疑が濃厚なのは、猫ちゃんですが、あるいはイタチなども遠征してきたのかも知れません。またある時は、玄関先に立っている私の上に、どさっと落ちてきたのがかなり大きめの蛇で、一瞬たまげたことがありました。

いずれにしても、ツバメくんたちにとっては住みよい環境とは言えませんが、どうか無事に巣立ってほしいものです。

P5193545

P5193534

P5193536

今日はこれにて。


nice!(41)  コメント(2) 

nice! 41

コメント 2

kennrou okada

ツバメも過酷な環境の中で生き抜かなければならないのですね。我が家の雛も日に日に大きくなっているようで、時々シュワシュワと鳴き声が聞こえます。玄関に巣があるので糞の片付けがたいへんです。毎日朝と夕方2回ずつやっています。無事に巣立ってくれることを祈りながら。
by kennrou okada (2019-05-20 15:57) 

kazg

kennrou okada様
ウチの玄関も、巣の真下に新聞紙を置いて防御してますが、違う場所にも糞を落とします、親鳥は、飛びながら糞をする場合もあるようです。雛の糞は上手にクチバシで受けて、どこかへ運び去っていくみたいですが、、、野良猫の糞は許しがたい感情を誘いますがツバメの糞には少し寛容です。考えればオカシイですけれど、、
by kazg (2019-05-20 18:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

<

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA