So-net無料ブログ作成

マクロもどき?の巻 [折々散歩]

年金のマクロスライドについて、NET上にこんな記事を拝見しました。
安倍首相「マクロ経済スライド」連呼で墓穴? 年金を減らす仕組みの実情


年金2000万円問題をめぐり、安倍首相が「マクロ経済スライド」という言葉を連呼したことが話題となっている。蓮舫議員の執拗な追求に、年金制度に問題はないという文脈で用いたキーワードだが、これにはどういう意味があるのだろうか。

ズバリ、年金を減らすための仕組み

老後に2000万円が必要と記述した金融庁の報告書が大問題となったことを受け、立憲民主党の蓮舫議員が、参議院決算委員会において30分にわたって安倍氏らに質問を行った。いつものことではあるが、蓮舫氏のあまりのしつこさに、安倍氏は10回近くも「マクロ経済スライド」というキーワードを連呼して、年金制度の確実性について力説した。

国会での論戦のあり方には様々な意見が出ているが、ここではその話題には触れない。ただ、安倍氏が何度も口にした「マクロ経済スライド」という制度は、公的年金の維持に極めて重要な役割を果たすものであり、その内容については、よく理解しておいた方がよいだろう。

「マクロ経済スライド」というのは、ストレートに言ってしまうと、将来の年金を減額するための仕組みである。

(中略)

マクロ経済スライドと聞くと、景気の動向に合せて年金の額を調整するようなイメージを持つ人が多いと思うが、実態は異なる。制度の導入が議論された際、名称が誤解を生む可能性があり、不適切だという批判の声が一部から出ていたものの、結局は、この名前が採用された。

厚労省側に姑息な意図があったのかは何とも言えないが、このネーミングに問題の本質を見えにくくする効果があったのは間違いないだろう。同制度は2004年に導入され、すでに年金減額もこっそり実施されているが、この制度が年金減額のために作られたことを知らなかった人も多かったはずだ。


その年金削減の規模は7兆円という膨大なものだということは、昨日の記事に書きました。


国家的詐欺ですな。


ところで全国で取り組まれている年金裁判(マクロスライドを初めとする年金切り下げ政策は違憲だとして国を相手取って訴えた訴訟)のトップを切って、札幌地裁の判決が4月26日に出され手いたことを、最近知りました。くわしくは次の記事などを参照。


札幌地裁の不当判決に抗議する!! - 年金者組合京都府本部


[PDF]


札幌地裁の不当判決に抗議する!! - 全日本年金者組合


要するに「国の裁量権の著しい逸脱はなく憲法に反すると言うことはできない」などとして訴えを退けるという、国べったりの判決だそうです。判決を下した裁判長のお名前が岡山サンだそうで、重ね重ね不愉快です。


さて、同工異曲で、きょうもマクロ撮影の話題。ほとんど湿度100%と思われる蒸し暑い昨日の朝の散歩。細かい雨が降ったり已んだりで、傘なしでは体中がぐっしょり濡れました。


持って出た機材は、olympus E420+zuiko 70-300mmに1.4倍のテレコンをつけました。


そうすると、近くのものを写すとマクロ撮影もどきになります。


我が家の庭の鉢植えの朝顔。青だけじゃなく、他の色の花も咲き始めました。P8203996


P8203997


P8203998


P8203999


P8204000


P8204001


P8204008


今日は、曇りがちながら、時々陽射しも表れて、酷暑がぶり返しました。通りかかったついでに、借りている畑を覗いてみましたら、手がつけられないほどの雑草におおわれていました。ズッキーニ、カボチャ、ゴーヤ、トウモロコシ(虫食いだらけ)、枝豆などを収穫して帰りました。


雑草に覆われた畑は、小生物たちには快適な天国なのでしょう。


P8214015


P8214012


P8214016


P8214019


P8214029


P8214022


ところで、これなあに?


P8214009


8月はじめに撮影した下の写真に比べると、驚くほど大きく生長していました。


_K526391


昔、こんな記事を書きました。


夕顔の花と瓢


夕顔も人待ち顔に咲く朝(あした)
患うて日ごと癒えゆく瓢(ふくべ)かな

源氏物語」に登場する夕顔は、本当は何の花だったのかねえ、と恩師の故内田喬先生はよく話題にしていました。夕顔の実が瓢(ふくべ)。この皮を干したものが干瓢です。ごつくて無骨なこの瓢は、今にも消え入りそうな、はかなげな少女夕顔とは、いかにもミスマッチだとおっしゃるのでしょう。
白い清楚な花は、決して優美でないとは言えず、よく見ると瓢の実までもなにやらゆかしく思えますが、この花、扇の上に載;せて差し出すには、やはり大振りに過ぎますかねえ。

P8035434.jpg

P8035433.jpg


この本にも載せました。



ナードサークの四季(抄)Ⅰ: 四季の田園風景と折々の思い (MyISBN - デザインエッグ社)

ナードサークの四季(抄)Ⅰ: 四季の田園風景と折々の思い (MyISBN - デザインエッグ社)

  • 作者: 木下透
  • 出版社/メーカー: デザインエッグ社
  • 発売日: 2019/08/26
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)



きょうの写真は、、、ちょっと似ています。これまた「瓢(ふくべ)」と呼ばれる瓢箪(ヒョウタン)です。


ところで新刊できました。



森のチルトン: 森のようせいチルトンのぼうけん (MyISBN - デザインエッグ社)

森のチルトン: 森のようせいチルトンのぼうけん (MyISBN - デザインエッグ社)

  • 作者: 木下透
  • 出版社/メーカー: デザインエッグ社
  • 発売日: 2019/09/02
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)



きょうはこれにて。


nice!(31)  コメント(4) 

nice! 31

コメント 4

kenro okada

立て続けに2冊目ですか。すごいですね。今回の作品は、随筆、随想ではなくて、創作なんですか?
by kenro okada (2019-08-23 22:11) 

kazg

kenro okada 様
お恥ずかしや。新しく書いた問のではなく、以前書いた「作品」でブログにもけいさいしていたものなので、原稿は既にあったものなのです、、、。ついでと言えばついでの勢いで、やっちゃいました。
by kazg (2019-08-24 20:47) 

ぼんぼちぼちぼち

あら、カエルさん、可愛いでやす。
カラスに狙われないで天寿をまっとうしてほしいでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-08-25 18:01) 

kazg

ぼんぼちぼちぼち 様
くれぐれも無事を
をいのりたいです、、、
by kazg (2019-08-25 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

<

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA