So-net無料ブログ作成

玄鳥成長記録(つばくらめそだちのあとさき)、の巻 [Nature]

   何年前、いや何十年前からでしょうか、我が家の玄関先の軒下に、毎年のようにツバメがやってきて、営巣します。

玄関の鳥だから、ツバメを玄鳥と書くのでしょうか?いや、そんなバカな。「玄」は「黒」だからでしょうね。

念のために辞書で確かめてみますと,「玄関」も薄暗いところからそう名付けられたらしいですね。

げん【玄】

赤または黄を含む黒色。
老荘思想で説く哲理。空間・時間を超越し、天地万象の根源となるもの。
微妙で奥深いこと。深遠なおもむき。
「―を談じ理を折(ひら)く」〈太平記・一〉
《玄のつく名が多いところから》江戸時代の遊里で、医者のこと。また、医者を装ったところから、僧侶の客をいう。玄様。
「浅草あたりの―、色里にうかれゆきけるに」〈浮・常々草〉

げん【玄】[漢字項目]

[常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]くろ くろい
赤または黄を帯びた黒色。「玄黄・玄米」
奥深くて暗い。「玄関・玄室・玄妙/幽玄」
奥深い道理。「玄学」
はるかに遠い。「玄孫」
[名のり]しず・しずか・つね・とお・とら・のり・はじめ・はる・はるか・ひかる・ひろ・ふか・ふかし
[難読]玄鳥(つばくらめ)・玄孫(やしゃご)

出典 小学館デジタル大辞泉


何年前、はたまた何十年前か思い出せませんが、最初は、つがいのツバメが、せっせと泥や藁くずを運んできて、見事な巣を作り上げました。同じペアなのか、またはその子孫たちなのか、その次の年、また次の年と、同じ巣をリフォームして雛をかえし、そろって飛び立っていって、季節が巡ります。
どういう訳か、少し別の位置に新しい巣を作って、子育てした年もあります。その翌年、どちらの巣を利用するかは、気まぐれのようにランダムで、はっきりし理由がわかりません。いつの頃からか、我が家の屋根に居住するらしいスズメが、ツバメの巣に悪戯を仕掛けることが多区なりました。枯れ草や羽毛、ぼろ屑といった、巣材様のものをつめ込むことが多いので、自分の巣として利用するためかと最初は思っていましたが、どうやらそれだけでは説明しきれない動機があるようにも思えます。   
これでは、自分だって入れませんから,嫌がらせとしか思えません。

IMGP4659

  また、クチバシで、巣の土をかじるのでしょうか、大きな穴をあけて、ツバメが新しい泥で補修してリニューアルする気力も萎えてしまうような意地悪もします。それが元で、修復を断念した巣の跡もあります。
そのようなわけで、我が家の玄関軒下には、新旧あわせて三つほどの巣(や巣の痕跡)があり、今年のツバメは、大幅修復により、ほとんど新築に近い立派な巣をこしらえ、今期二度目の巣ごもりが終わろうとしています。

7月4日の雛。まだ幼さが残っています。

IMGP4547  
7月7日の雛。もう羽毛も生えそろって、少年っぽく育ってています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食欲旺盛です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

親鳥は,片時も休む暇がありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMGP4575

IMGP4555

これがきょうの様子。

 S0567398

S0547393

S0527388

S0607407

IMGP4595

巣の中には二羽しか雛の姿が見えません。

別の角度から写してみます。

IMGP4604

IMGP4615

依然として食欲旺盛で、親鳥は大忙し。

おや?これは外出から帰ってきた兄弟ツバメでしょうか?

IMGP4648

トリミングしてみます。

IMGP4648

嘴辺りにあどけなさが残っているような気がします。

散歩道の芙蓉の花。

IMGP4621

IMGP4623

稲苗がすくすくと育つ田園風景。
 IMGP4616

アゲハがひらひら舞っています。

IMGP4617

やっと止まってくれました、

IMGP4626

我が家の庭先の朝顔の葉にも,しばし休憩。

IMGP4592

虫かごに飼っていた青虫(アゲハの幼虫)を写しそびれているうちに、サナギになっていました。

P7123910

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

孵化するのも,そんなに先のことではないでしょう。

ここ何日かで、蝉も一気に地上に現れ、やかましく鳴いています。

我が家の外壁に、抜け殻のすぐそばに生まれたばかりのクマゼミがいました。  

IMGP4651

いよいよ夏ですね。

きょうはこれにて


nice!(47)  コメント(6) 

絶滅危惧種のトキソウとハッチョウトンボを見た、の巻 [Nature]

昨日はちょっとした忙しさでした。
ケータイ電話を拾得したとの連絡を、倉敷市児島文化センターからいただいいたのが一昨日の夕方でした。開館時間内には受け取り行けそうになかったなかったので、昨日の朝、出勤前に立ち寄ることにしました。

こんな時、パートの勤務は、空き時間があって自由が利きます。とはいえ、自宅から約20㎞をほぼ逆方向に走り、そこから職場までおよそ30kmを走りますから、出勤まで一苦労です。

仕事も、たまたま拘束時間は短かい日でしたが、それなりに目一杯奮闘し、週末の「充実感」を味わいました。

まだ明るいうちに仕事がひけたので、さらにおよそ20km走って総社市ヒイゴ池湿地を訪ねてみました。

ちょうど前日の地元新聞に、「ハッチョウトンボ」の記事と写真が出ていましたので、週末お天気が崩れる前に、のぞいてみたかったのです。

続きを読む


今日のおカイコほか [Nature]



わが家のお蚕様は、生まれた時期によって、まだこんなに小さいベビーもいます。

続きを読む


雨上がりのアマガエル、の巻 [Nature]

今日も、大食漢のお蚕様のために、桑の葉を調達に行ってきました。

昨夜からかなり強い雨でいたが、昼前には上がり、庭木の枝に、ひょこりひょこりと、アマガエルが3匹も顔をみせました。

先日も、同じ場所に一匹が顔を見せたのですが、今日は3匹です。しっかり激写!させていただきました。

以前この記事でも書きましたように、私の記事には、カエルがよく登場します。

たとえば、こんな風です。

2013-08-08

2013-08-09

2013-08-16

2014-04-12

2014-05-15

2014-06-14

続きを読む


桑摘むや野にはいのちのいぶきかな [Nature]

わが家のお蚕様は、すくすくと成長しておられます。

IMGP1858 -1.jpg
 
IMGP7397.jpg

末の孫娘も負けずにすくすくと成長しております。

IMGP1857 -1.jpg

 

この記事の続きを読む


nice!(51)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歯医者のちシギとサギ、快晴の高梁川、の巻 [Nature]

3週間ぶりの歯医者です。
勤務日の関係で、予約を土曜日に変更して、今日がその日。
麻酔を打って、キューン、ガリガリの無間地獄に耐えている間、厄介なことに、なぜか鼻の穴やら、口元あたりのむず痒さが気になって仕方ありません。「ファクション!」と大きなくしゃみを連発しそうな気配を、グッとこらえて、気分を紛らすために、たのしいことを考えよう、、、、というわけで、今日のお出かけ先のイメージを、楽しく脳裏に浮かべることに意識を集中しようと努力していました。

自宅から40~50分の距離の歯科医院まで、折角やってきているのだから、ちょいと足を伸ばす程度で行ける場所はどこだろう、よかんがえたとき、高梁川(たかはしがわ)の下流域の様子が心に浮かびました。潮見表も確かめたところ、午前10時半頃に干潮の予定だったはず。とすると、干潟で採餌中のシギや千鳥を見られるかも知れない、、、というのが今日の目論見でした。
次の来院まで、固いものを食べるのは避けてください。今日治療した側では物を噛まないで、反対側を使ってください。、、、などなど、連休明けに次回の予約をして、心は、はるか目的地へと羽ばたきます。

この記事の続きを読む


nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岡山県自然保護センターの昆虫たちの巻、その2 [Nature]

一昨日散歩した岡山県自然保護センターの画像の残りです。

この記事の続きを読む


nice!(37)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岡山県自然保護センターの昆虫たち、の巻 [Nature]

昨日の散歩記事の残りです。
昨日の記事は、鶴の卵とお蚕様の孵化の件を優先させました。

丹頂鶴の卵 5個入【北海道銘菓】 [その他]

丹頂鶴の卵 5個入【北海道銘菓】 [その他]

  • 出版社/メーカー: 長谷製菓
  • メディア: その他



鶴乃子 20個入  【石村萬盛堂 和菓子】

鶴乃子 20個入  【石村萬盛堂 和菓子】

  • 出版社/メーカー: 石村萬盛堂
  • メディア: その他


が、「自然保護センター」では、結構特筆すべき出会いがありました。

この記事の続きを読む


nice!(58)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かにかくに小さきものはうつくしき [Nature]

枕草子の有名な章段に「うつくしきもの」があります。

古語の「うつくし」はbeautiful(美しい) よりも、pretty(可愛い)に近い語感だと言われます。

うつくしきもの 枕草子(第一五一段)

 うつくしきもの、瓜にかきたるちごの顔。雀の子の、ねずなきするにをどりくる。二つ三つばかりなるちごの、いそぎてはひくる道に、いとちひさき塵のありけるを、目ざとに見つけて、いとをかしげなる指にとらへて、大人などにみせたる、いとうつくし。頭は尼そぎなるちごの、目に髪のおほへるを、かきはやらで、うちかたぶきて物など見たるも、うつくし。
 おほきにはあらぬ殿上わらはの、装束きたてられてありくも、うつくし。をかしげなるちごの、あからさまにいだきてあそばしうつくしむほどに、かいつきてねたる、いとらうたし。
 雛の調度。蓮の浮葉のいとちひさきを、池よりとりあげたる。葵のいとちひさき。なにもなにもちひさき物はみなうつくし。

【解釈(桃尻語訳風)】
可愛らしいもの、といえば、すっきりと形のいい瓜に描いた、ちっちゃな子の顔よね。可愛くて、食べたいくらい。

スズメの子が、チュッチュッと舌で鼠の鳴き真似をすると、こちらに向かってヒョイヒョイと跳び跳ねながらやってくるの。とっても、愛くるしいわ。

二、三歳くらいの幼児が、座敷の植えなんかを、急いではいはいしながらこっちに向かってやってく途中に、とっても小さいゴミがあったのを、めざとく見つけて、とってもかわいらしい指でつまんで、近くにいるオトナの女房などに見せているのは、とってもかわいらしいわ。

髪の毛は、尼さんの髪型のようにおかっぱの幼児が、目に髪がかっかているのを、手でかきやることはしないで、顔を傾けてものを見たりなどするのも可愛いわ。
大きくはない殿上わらは(行儀見習いのために宮中に出仕する少年貴族)で、立派に着飾らさせれてあちこち歩き回るのも、かわいい。

上品でかわいらしい幼児で、ほんのちょっとと抱っこして、遊ばせてかわいがるうちに、そのまましがみついて寝ているのは、とってもかわいらしいったらないわ。

雛人形の道具。

蓮の浮葉でとっても小さいのを、池からひょいと取り上げたのは、可愛い。

葵のとっても小さいの。

何もかも、小さいものはみんな可愛いわ。


 日本で一番小さいトンボは、ハッチョウトンボだそうです。

M先輩が、先日「自然保護センター」で撮影した写真を送ってくださいました。(一緒に、オオムラサキのはっきりくっきりの写真も---。うらやましい。)

とはいえ、 「自然保護センター」は少々距離がありますので、昨日は総社市の「ヒイゴ池」を訪ねてみたのでした。

ここにハッチョウトンボが生息することは、何年か前、同じ職場の同僚だったハイアマチュア・カメラマンのTさんから、ご自分の作品を見せていただき、知っていました。それから何回か訪ねたのですが、タイミングが悪いのか、これまではあいにく巡り会えませんでした。

果たして、昨日は?会えました!!

でも、持参カメラが、K5+tokina90mm macro では、遠すぎました。ハッチョウトンボが、わずか1cm余りの極小トンボであることを、甘く見ていました。相当望遠系のレンズを用意してくるべきでした。

実は、どういう思いつきか、tamron 80mm-250 210mm  macro というベリーオールドマニュアルフォーカスレンズを持ってきていました。AFADをセットした状態で、tokina90mm macro と tamron 80mm-250 210mm  macroを交換しながら使用すれば、撮像素子にゴミが付着しないですむだろうという思いつきです。どうせなら、いくらかでも描写性能に優れたレンズを使えばよいのにとは思いますが、あいにく、新しいタイプのDAレンズなど絞り環のないレンズでは、絞りを絞りこんだ状態になり、AFが機能しません。ですので、AFADを利用する場合は、絞り環があって比較的明るいオールドレンズが適しているのです。そういう中古レンズのうち、望遠マクロの機能に期待して、重いけどもバッグに入れてきたのでした。

でも、がっかり。レンズのせいか腕のせいか、、、ハッチョウトンボは、証拠写真しか残せませんでした。

大幅にトリミングしています。

_K527340 -1_R.jpg
_K527348 -1_R.jpg
_K527383 -2_R.jpg
_K527387 -1_R.jpg
_K527393 -1_R.jpg
_K527526 -1_R.jpg

 羽化した蚕は、体内から液体酵素を排出して繭を溶かして、外に出てくるのだそうです。

IMGP4382_R.JPG
P6299469_R.JPG
最初に生まれた2頭(蝶や蛾は、1頭2頭と数えるそうですね)は、雌雄だったらしく、早速カップルになり、すでに卵を産んだそうです。
_K527229.JPG

でも、自然に羽化した蚕の繭は、かなりの部分が溶けてしまい、また体液で汚れてしまします。繭から絹糸をとる場合は、繭を丸ごと茹で、ほぐれてきた糸をより合わせるそうです。この行程でサナギは、死にます。

これを利用して、長野などの山岳地方では、かつては貴重なタンパク源として食用に供されたそうですし、今も珍味としてご当地グルメとなっています。


 


 子どもの頃は、サナギを丸のまま釣り餌として針に付けてフナやコイを狙ったものですし、サナギ粉は寄せ餌・撒き餌の必需品です。

マルキュー(MARUKYU) さなぎ粉(徳用)

マルキュー(MARUKYU) さなぎ粉(徳用)

  • 出版社/メーカー: マルキュー(MARUKYU)
  • メディア: スポーツ用品

 

マルキュー(MARUKYU) 細びきさなぎ

マルキュー(MARUKYU) 細びきさなぎ

  • 出版社/メーカー: マルキュー(MARUKYU)
  • メディア: スポーツ用品

 しかし、我が家のオカイコ様を茹でて殺すのは忍びないので、妻は、繭を切り取ってサナギを生きたまま救出する作戦を遂行しました。

P6299449_R.JPG
P6299443_R.JPG
IMGP4380_R.JPG
これがサナギです。生きてます。
P6299438_R.JPG
P6299436_R.JPG

燕の子が元気に育っています。先日までの、頼りなげな産毛の代わりに、精悍な羽毛が生えそろいました。
_K527753_R.JPG
_K527738_R.JPG
_K527735_R.JPG
_K527721_R.JPG
_K527705_R.JPG
餌をむさぼるときには、一気に赤ちゃんになります。
_K527642_R.JPG
今日はここまで。

nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最新情報 今日のモリアオガエル ほか [Nature]

三郎さんから、今日のモリアオガエルの様子を伝える写メをいただきました。

P1000985.jpg
少しずつ大きくなってきているようだとおっしゃっています。
P1000983.jpg
 
泡巣の近くにこんなのがいたり、
 
P1000982.jpg
こんなのがいたりするそうです。
「ーん、、。友達か 出産立会人か?謎は深まる。」とおっしゃっています。

これは我が家ユキノシタの葉の上にいたカナヘビ君、よくしっぽの方を見ると、脱皮直後のようです。
DSCF0520_R_R.JPG
 
DSCF0522_R_R.JPG
 

S0060546_R_R.JPG
 
モンシロチョウも元気です。
DSCF0872_R_R.JPG
 
Dscf0874.1jpg_R_R.jpg

 


S0500888_R_R.JPG
 
S0540967_R_R.JPG
 ツマグロヒョウモン
S0291142_R.JPG
 ヒメジャノメ
DSCF0953_R_R.JPG
 ベニシジミ
DSCF0918_R_R.JPG

追伸
我が家のおカイコ様は、次つぎに繭をつくっています。
P6169418_R.JPG
 
見事な繭が完成へ
P6169406_R.JPG
集合住宅状態
P6179422_R.JPG
 
 

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
<

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA